カエラー必携の書

「かえる新聞」

「かえる新聞」が本になったあ!
カエラーよ本屋へ走れ。

「かえる新聞 縮刷版」
げこげこ大王7世責任編集

平成9年(1997年)1月10日創刊号〜金蛙2年(2004年)11月17日257号より59記事を厳選掲載

A5判、並製、112ページ 
定価:本体952円+税
ISBN4-902108-14-3 C0095

世の中にはこんなにカエルがあふれているなんて。平成9年にインターネットにひとつの記事をアップしたところ、カエル情報がぞくぞくと投稿され、250号をこえてもまだまだ投稿はやむことがありません。カエラーはますますカエルが好きになり、カエラーでない人も読んだその日からカエルが気になって気になって夜も眠れなくなる、そんなカエラー必読の書になりました。
インターネットで読んでいた人も、新聞紙面のような構成についつい手元に置きたくなるはずです。さあ、あなたも今日からカエル投稿記者になろう。

WEBでの本の購入はこちらより
cocochimono
Amazon

著者プロフィール

幼少時の自宅周辺は一面の水田に囲まれていた。夏の夕方になると庭に出没する二匹の野生のアマガエルに「カッパかえる」「ちびカエル」と名付けて可愛がっていた。理科の時間のカエルの解剖実習は、もちろん退席。平成8年(1996年)、初めて作ったホームページに、ネットで知り合った大学生にカエルの絵を描いてもらい、貼付けていたところから、知人や未知の人々からカエルネタが続々と投稿され、カエル好きのための蛙情報だけを集めたかえる専門紙「かえる新聞」を発行。投稿者や読者とともに、1999年6月6日「かえるの日」を記念して「福岡かえる展」を主宰する。その後、有志のカエルメンバーによって、毎年「福岡かえる展」を挙行し、今年で7回目を迎える。

かえる新聞 http://www.gekogeko.com
投稿アドレス wakuro-3@hf.rim.or.jp

掲載情報

カエルグッズコレクション1000 カエル本コーナーに掲載されました。
カエルタイムズ 4号一面の記事下に掲載されました。
カエルタイムズ 3号にげこげこ大王7世の「男には男のカエルのある暮らし」が掲載されました。
日本経済新聞 2005/9/5(月)の朝刊文化欄にげこげこ大王7世の「カエルの話題 世界を飛ぶ」が掲載されました。
カエルタイムズ 2号に掲載されました。
西日本新聞 2005/6/28(火)の夕刊にぴのことともに掲載されました。
西日本新聞南日本新聞など、共同通信配信記事で書評欄に掲載されました。

購入情報

購入可能書店/書肆アクセス、ジュンク堂書店福岡店、丸善福岡ビル店、紀伊國屋書店福岡天神店、紀伊國屋書店福岡本店、福岡金文堂本店、福岡金文堂地下街店、福岡金文堂篠栗店、フタバ図書TERA福岡東店、あおい書店博多本店、リブロ西新店、梅光園ブックセンター、福岡金文堂アニマート原店、福岡金文堂大橋駅店、ブックシティ、ジュンク堂池袋本店、ジュンク堂三宮店、ジュンク堂書店三宮駅前店、旭屋書店なんばCITY店、ブックイン金進堂、福家書店キャナルシティ博多店、福家書店福岡店  他全国書店でもご注文いただけます。