木葉天目を登り窯によって甦らせた

「木葉天目の謎」

幻の茶碗「木葉天目」
その出自と製法に秘められた二人の陶工の物語

「木葉天目の謎」
萩焼長沢窯 原田隆峰

四六、上製、240ページ+口絵カラー8ページ
定価:本体1,800円+税
ISBN978-4-86385-054-5 C0093

「木葉天目」は五十碗くらいしか残っていないといわれている。そのほとんどが日本の美術館や博物館に所蔵されている。本来なら、中国に多量にあっても不思議ではないが、めぼしいものはなく、ヨーロッパにもアメリカにも少ない。木葉天目は日本の茶道文化によって秘蔵され、伝世されてきたものに違いない。その製法は不明とされ、幻の器と呼ばれてきた。著者は伝統的な登り窯による再現を実現した。

2011年5月上旬全国書店にて発売。

WEBでの本のご購入はこちらより
Amazon

著者プロフィール

原田隆峰(はらだ・りゅうほう)
1932 年  山口県小郡町(現在の山口市小郡)に生まれる
1951 年  県立山口高等学校卒業
1951 年~ 1959 年  入江硝子店職人の傍ら大掛かりのしいたけ栽培
1960 年~ 1967 年  代議士 細迫兼光の秘書
1968 年  大和松雁に弟子入り 10 カ月で独立
1969 年  萩焼 長沢窯築窯
      現在に至る
著書 小説   『窯の詩』 創思社
   その他  『快走の聖者』 農協印刷
              (オリンピック選手貞永信義の回想記) 
CD      「いきものたちの哀歌」(作曲・上野哲生)

帯文

隆峰さんすごい!登り窯で木葉天目を再現するとは
夢見るものをこの世に出現させることほど美しくスリリングな出来事はない。
それをなしとげた陶芸家が、その秘密と歴史を、魅力的な文章で我々に伝えてくれる。
ど迫力の現場描写には、読んでいて魂を奪われた。
山下洋輔(ジャズピアニスト)

掲載など

朝日新聞2011/5/18(水)の山口県版で紹介されました。
幻の陶器「木葉天目」、奥義を小説に 防府の陶芸家

中日新聞2011/5/17(火)夕刊「書物の森」で紹介されました。

朝日新聞2011/5/14(土)の山口県版で紹介されました。
木葉天目 製法後世に

目次

一 初
二 積
三 焚
四 出
五 赤
六 旅
七 黒
八 窯
九 結
おわりに
仲間たち
参考文献