ここからはじまる、新しい詩誌の世界

「something12」

「something12」が誕生しました。
女性詩人25名の自薦詩約四篇と
エッセイによる「詩とわたしの昨日今日明日」

詩誌「something12」
鈴木ユリイカ責任編集

B5判、並製、128ページ+16ページ
定価:本体952円+税
ISBN978-4-86385-049-1 C0492
発行人:サムシングプレス/鈴木ユリイカ

「something」は従来の詩誌、アンソロジー、個人詩集、同人誌とは異なる考えにもとづいて編集制作された新しい詩誌です。参加している詩人は、ベテランから新人まで、執筆依頼した多様な詩人たちです。なぜ、五篇(三ページ)とエッセイかというと、そうすることにより、そのひとの感性や生き方がより深く伝えられると考えたからです。

WEBでの本の購入はこちらより
Amazon

ひとはいま何を感じ、
何を共有しようとしているのか

詩はどのような地平に向かおうとしているのか。女性詩の可能性を探ります。写真家やデザイナーにも協力していただき、詩人が生きている今がより新鮮になる感じられるようにしました。
(鈴木ユリイカ)

参加詩人

小柳玲子 清岳こう 崔 正禮/韓 成禮 訳 伊藤悠子 小野静枝 寺本まち子 坂多瑩子 早矢仕典子 竹田朔歩 浦 歌無子 新倉葉音 池田寛子 三田麻里 川井豊子 沢田敏子 鈴木美枝子 大石ともみ 森 やすこ 上田由美子 高橋冨美子 北原千代 松田悦子 棚沢永子 田島安江 鈴木ユリイカ

something blue 解説 鈴木 ユリイカ
筏丸 けいこ「私は 子供のようになるときの」面白いものは不思議である
村野 美優「住処」小さな穴の発見
北川 朱実「電話ボックスに降る雨」アリスの電話ボックス
塩田 禎子「物語山」山登り

バックナンバー

「something11」