噂話の裏にひそむ真実とは?

「ミス・マープル 老淑女の直感と論理」

名探偵を推理する2
「ミス・マープル 老淑女の直感と論理」
後藤 稔

A5判、並製、128ページオールカラー
定価:本体1,300円+税
ISBN978-4-86385-045-3 C0095

マープル・シリーズの魅力とは何か。心優しい老淑女の人間観察による独特の推理法で、事件を解決に導く。「論理」性に加えて「直感」が物語をスリリングに展開させる長編十二、短編二十作品の魅力を徹底解説。アガサ・クリスティが愛した名探偵の世界へ、読者を誘うブックガイドにもなっています。ミス・マープルのほか、トミー&タペンス、クィン、パーカー・パインら魅惑の名探偵たちも登場!

2011年1月中旬全国書店にて発売。

WEBでの本の購入はこちらより
Amazon

著者プロフィール

後藤 稔 (ごとう・みのる)
1963 年、兵庫県生まれ。関西学院高等部国語科教諭。自称・愉しい日本語研究家。映画・音楽・古典芸能・推理小説・アニメーション・ファンタジーなど多様なジャンルについて縦横無尽に論述する。生徒たちと「ハリー・ポッター」の結末を予想するという企画で2003 年8 月NHK教育TV「土曜フォーラム」に出演。著書に『名探偵を推理する1 ポアロ 小さな灰色の脳細胞』(書肆侃侃房)。上方芸能界に多くの知人をもつ。
なお、この著書では早川書房(ハヤカワ文庫・クリスティー文庫)から引用ならびに表紙カバーの掲載を御厚情により御認可いただいている。

トランプの家
http://www.kankanbou.com/cards/

帯文表

噂話の裏にひそむ真実とは?

編み物とお茶の時間、庭いじりが大好きな心優しい老淑女、ミス・マープル。趣味の人間観察をもちいた独特の推理法とは・・・・・・。その他、トミー&タペンス、クィン、パーカー・パインら魅惑の名探偵たちの人間像にせまる!

中面イメージ

目次

はじめに ミステリーを再読してみると

第一章 ミス・マープルを推理する
ミス・マープルを読む面白さ/不信と信頼の間で/なぜマープルには真実がわかるのか/マープルの眼力/上品な嘘つき/いたずらおばさんは撹乱する/名探偵の新機軸

第二章 ミス・マープルの未解決事件
「むきエビ」は、どこへいったのか?/トミー・サイモンズは、どんないたずらをしたのか?/村の新任の保健婦のかんばしからぬ点とは?/ジーン・インストウの問題/なぜ「バンガロー事件」が予測できたのか?/野菜売りの男の謎/「サンクチュアリ」の意味したことは?/メルローズ大佐って誰?/「聖ペテロの指のあと」とは?

第三章 トミー&タペンスにおける夫婦の絆
対話する探偵/夫婦探偵の楽天性

第四章 『謎のクィン氏』から学ぶ「影の現象学」
もうひとりの自分/「影」の役割/結婚しない探偵たち
 
第五章 パーカー・パイン氏の次の一手
幸福のありか/逃げ出したパーカー・パイン氏
 
コラム クリスティー研究の新基軸!
作品紹介
おわりに
登場作品一覧(兼・索引)

関連書籍

名探偵を推理する1『ポアロ 小さな灰色の脳細胞』