ここからはじまる、新しい詩誌の世界

「something11」

「something11」が誕生しました。
女性詩人26名の自薦詩約四篇と
エッセイによる「詩とわたしの昨日今日明日」

詩誌「something11」
鈴木ユリイカ責任編集

B5判、並製、128ページ+16ページ
定価:本体952円+税
ISBN978-4-86385-033-0 C0492
発行人:サムシングプレス/鈴木ユリイカ

「something」は従来の詩誌、アンソロジー、個人詩集、同人誌とは異なる考えにもとづいて編集制作された新しい詩誌です。参加している詩人は、ベテランから新人まで、執筆依頼した多様な詩人たちです。なぜ、五篇(三ページ)とエッセイかというと、そうすることにより、そのひとの感性や生き方がより深く伝えられると考えたからです。

WEBでの本の購入はこちらより
Amazon

ひとはいま何を感じ、
何を共有しようとしているのか

詩はどのような地平に向かおうとしているのか。女性詩の可能性を探ります。写真家やデザイナーにも協力していただき、詩人が生きている今がより新鮮になる感じられるようにしました。
(鈴木ユリイカ)

参加詩人

川口晴美 筏丸けいこ 黄 仁淑 三浦優子 山崎るり子 北川朱実 菊池唯子 松野美優 長田典子 山本みち子 田中郁子 村岡久美子 硲 杏子 藤井優子 志村喜代子 塩田禎子 宇津木愛子 村永美和子 水野ひかる 溝呂木邦江 小野ちとせ 神田さよ 外村京子 棚沢永子 田島安江 鈴木ユリイカ

something blue 解説 鈴木 ユリイカ
高塚 かず子「大村湾」面白いと生きるは似ている
坂本 真紀「あらゆるピアノのうえを」はじまり
左子 真由美「愛の動詞」ことばってなあに?
原 利代子「桜は黙って」絵本と詩は双子のようなものかも知れない

バックナンバー

「something10」