昏睡の世界はピンク色だった

「昏睡Days」l

「昏睡Days」
有田直子

四六判、並製、192ページ
定価:本体1,500円+税
ISBN978-4-86385-010-1 C0095
2刷

くも膜下出血で倒れ、意識のない世界では、いつもどおりの時間が流れていた。現実世界では、緊急手術が行われ、死んでしまうかもしれない、植物人間になるかもしれないと、両親は不安な日々を過ごす。昏睡から目覚め、社会生活に復帰したいま、同じように目を覚まさない家族や恋人、友人を持つ人々に、その世界は真っ暗闇ではなく、現実世界と同じような日々の暮らしが続いているのかもしれないと、伝えたい……。昏睡状態での意識のない日々を中心に、その後の出来事を書き下ろした一冊。

2009年10月初旬全国書店にて発売。

WEBでの本の購入はこちらより
cocochimono
Amazon

著者プロフィール

有田直子(ありた・なおこ)
1972年広島県生まれ。福岡県育ち。九州産業大学芸術学部写真学科在籍中に、脳内出血&くも膜下出血で倒れ、左半身麻痺、右眼失明のハンディを持つようになる。現在は、リハビリに通いながら自宅で生活。ライターとして執筆や、フロートというオリジナルの言葉のliveも行っている。福岡市在住。著書『晴れのちくも膜下』(WAVE出版)

2012年6月25日逝去。享年40歳。

naoko arita official web site
Speakout!! http://www.aritanaoko.com

帯文表

意識をなくした22日間の
誰も書けなかった記録

くも膜下出血で意識を失ってから22日目、
意識が戻った著者が綴る真実の記録。
意識を失った家族や恋人、友人を抱えるすべての人に伝えたい!
「昏睡の日々は、とても穏やかで幸せだった」と。
そして、呼びかけてほしい。きっと聴こえているから。

帯文裏

【読者の声】
友人がくも膜下でたおれ意識不明になりました。(中略)意識不明の友人に涙を流しながら声を掛けました。手も温かいのに反応しない悲しさ。幼子をのこして昏睡している友人の思いを考えると悲しくて仕方なかった。この本を読んで意識を失うときは眠る感じ、昏睡中の温かい幸せな日々。そう思うと彼女も昏睡の中で産まれたばかりの次男の世話をして幸せだったのではと、救われました。(女性 31歳)

中面イメージ

1章2章3章

掲載情報など

・2011/7/1(金)19:30~(再)7/4(月)11:04~NHK大阪・かんさい熱視線「見知らぬあなたに贈る“私の一冊”」の中で取り上げられました。
かんさい熱視線「見知らぬあなたに贈る“私の一冊”」
・2011/4/5(火)の西日本新聞新聞朝刊にイベントの告知とともに紹介されました。
臨死体験、遺族の癒やしに 福岡市の有田さん 10日にイベント
・2011/3/15(土)15:10ころ~RKBラジオ「あべちゃんとし坊懲りない二人」にゲスト出演します。
・2010/11/21(日)19:00~RKBラジオドキュメンタリー『昏睡DAYS~くも膜下出血・昏睡時の記憶』が放送されました。
九州沖縄ドキュメントMOVE「昏睡Days~くも膜下出血・昏睡時の記憶~」CS放送TBSニュースバード(11月23日(火)23:00~)とHBC北海道放送(10月17日(日)26:00~)で放送されました。
・2010/11/20(土)の西日本新聞新聞朝刊に有田さんの記事が掲載されました。
・2010/10/14(木)夕方18:16~19:00のFBS「めんたいワイド」で、福大病院での講演会の様子、自宅での様子、『昏睡Days』のことなどが紹介されました。
・2010/10/10の読売新聞に有田さんの記事が掲載されました。
・2010/10/9(土)夕方17:30~18:00のFBS「news every.サタデー」で福大病院での講演会の様子が放送されました。
たのやくNo.68(2009年12月号)プレゼントコーナーに掲載されました。 
Expert Nurse No.26(2010年1月号)の「今月のBOOKナビ」で紹介されました。
・2010/6/13に九州沖縄ドキュメントMOVE「昏睡Days~くも膜下出血・昏睡時の記憶~」(2010年第23回分)の放送がRKB毎日放送でありました。
http://www.e-jnn.com/move/index_f.html

「くも膜下出血がよくわかる」のホームページに、有田さんのインタビュー記事が掲載されました。
http://www.kumo-makka.com/special/special02.html

・2009/11/10(火)の西日本新聞朝刊に有田さんの記事と本が掲載されました。
・2009/10/8(木)STYLE FM「きれい計画.com」13:30~に、ラジオ出演しました。

講演会&トークライブ

・2011/11/7(月) 福岡国際医療福祉学院のSTのクラスで、ゲストスピーカーとしてお話をしました。
・2011/7/28(木) 有田直子トークLIVE『昏睡Days~ガラスの欠片でネックレスを〜』(西鉄イン福岡「BLOSSO」 主催:博多ユー・アイ倶楽部)
・2011/4/10(日)昏睡Days 朗読&トークライブ!!『REBIRTH ~昏睡の世界も春だった~』(あじびホール 主催:RKBラジオ/アヴァンティ)
http://www.rkb.ne.jp/ohanashi_hiroba/back/1104ohanashi.html

・2010/12/12(日) 有田直子トークLIVE『昏睡DAYS・今年もHAPPY BIRTHDAY!』(アークホテル博多ロイヤル 主催:オフィスセドナ)
・2010/11/1(月) 福岡国際医療福祉学院のSTのクラスで、ゲストスピーカーとしてお話をしました。
・2010/10/9(土) 有田直子トークライブ「ただいま&ありがとう 福岡大学病院 −未来は今−」(福岡大学病院 主催:看護部)
・2010/5/30(日) 「昏睡DAYS 〜HAPPY TURN昏睡からただいま〜」(アクロス福岡 主催:アヴァンティ)

主な内容

第2章までは著者の手記に母親の記録を並記。
また担当の医師・看護士による解説を章末に掲載。

1章「昏睡DAYS」
突然のくも膜下出血から、緊急手術、昏睡状態、意識回復、コミュニケーションなどの集中治療室期間。
2章「RE BIRTH」
本人の認知と現実のギャップ、そして受容。自立呼吸や発声の訓練、身体機能のリハビリ開始。
3章「NEW DAYS」
後遺症を抱えての退院、暮らしで感じること。就職して働くという将来の準備へ。

関連書籍

『新版 晴れのちくも膜下』