井上和子はなぜ成功できたのか

「空からお星さまが降ってきた」

成功の秘訣は心のありよう

「空からお星さまが降ってきた 井上和子 無からの出発」
侃侃房編集室

四六判、並製、208ページ+巻頭カラー16ページ
定価:本体1,500円+税
ISBN978-4-902108-98-9 C0095

西日本一の美容師をめざして単身福岡へ。
出会う人の純な心を大切にすることでたいへんな成功を収める。
井上和子はなぜ、成功できたのか…。アイカットの考案者として美容界に名を轟かせ、独自の人材育成や経営で知られる。まだ「カリスマ美容師」という言葉さえもない時代から客の心を掴み、従業員を導いた笑いと涙の日々。働くこと、生きることの喜びが読む人の心にじんわりと染みわたっていく。仕事で悩んでいる若い人や中小企業の経営者にぜひ読んでもらいたい一冊。

2009年4月初旬全国書店にて発売。

WEBでの本の購入はこちらより
cocochimono
Amazon

プロフィール

井上和子(いのうえ・かずこ)
1938年大分県中津市(旧下毛郡山国町)生まれ
大分市 明星美容専門学校卒業
1961年~1963年資生堂美容室勤務を経て、
1963年4月10日 井上和子美容室開業
美容家 管理美容師免許証 第2538号
職業訓練指導員免許証 第15388号
福岡県中小企業家同友会常任理事を経る
職業訓練法人、全日本婚礼美容家協会 全国理事を経る
職業訓練法人、全日本婚礼美容家協会 師範講師
有限会社 井上和子 取締役
IKB 美容経営研究会 会長
中堅企業・中小企業向 経営講師 社員教育講師
6店舗を10年かけて2006年1月1日を最後に井上和子美容室を幹部社員に賃貸


目次

第一章 美容師見習い
あさり売りの声で目覚めた朝/美容師への第一歩/美容室に住み込みで働きはじめる/休みの日の仕事/日課の仕事をサボったら/屋根がこわれた/その人はもう二度と来なかった/まわりの人の助けも借りながら頑張る/指が動かない/空からお星さまが降ってきた/三年間の住み込み生活でわかったこと

第二章 和子のふるさと
祖父母との暮らし/生きてもあと五年の命/私さえいなければ/チョンが帰ってきたよ

第三章 福岡の大手「資生堂美容室」での日々
いざ、福岡へ/夢のような世界/女の恨みは怖い/ナンバーワンになるために/次々と指名客が増えていく/「井上和子ってどの人?」

第四章 井上和子美容室開業
開業のための貯金/自分の店の立地条件を考える/権藤との運命的な出会い/あっというまの開店・開業/人生は二度ない、その意味は/一坪に一人の美容師/手は機械のように、足は機関車のように/慰安旅行をめぐるトラブル/立ち退きのこと

第五章 経営者・井上和子
創業に際して決めた三つのこと/美容室経営に必要なこと/社会保険や有給休暇の制度も作った/お店の印象は最初の二十秒で決まる/従業員が独立するとき/良いとなったら計画を立てて即実行/店を潰すのは見栄と欲と無能/井上和子の十ヵ条/街の人を美しくしてあげたい

第六章 井上和子の人材育成
全従業員への手紙/代行システムを作る/正しい報酬、平等な採用/『勤務心得』もみんなで作った/従業員が自ら頑張る仕組み作り/活気のある会議で皆をまとめる/相手の心に届く言葉を贈る/男性美容師をスタッフに加える/リンチ総括事件!?/人は全部違うから面白い

第七章 繁盛の決め手は確かな技術力
すべては創意工夫から/不器用には不器用の生き方がある/基礎技術テスト/お客様を喜ばせる技術/年末年始の営業のしかた

第八章 生死の淵からの生還
五つの幸せの原点/検査で悪化、生死をさまよう/幽体離脱! 経験/ アイスクリームが食べたい/アイスクリーム事件はまだまだ続く/手術後の経過/胸の傷がふさがらない/目が見えない、耳が聞こえない/和子の健康哲学

第九章 ブライダル事業の発展から繁盛店の廃業まで
再出発・店の建て直しとブライダル事業/社会の情勢を読む/ほかのブライダルの店とどこが違うのか/ブライダル事業と結婚人口

第十章 繁盛期に事業からの撤退
IKB美容経営研究会/若い人たちのために/全日本婚礼美容家協会の役割/楽しい仲間たちと/美容室の閉め方

第十一章 人々との出会い
小説『白痴』の主人公のような人/ホットな人間関係が宝物/同友会の支部長になって/桜の花の植樹/和子のお地蔵様

おわりに