第39回福岡県詩人賞受賞!!

詩集「博多湾に霧の出る日は、」

「詩集 博多湾に霧の出る日は、」
田島安江

A5判変形、並製、112ページ
定価:本体1,905円+税
ISBN4-9980675-9-1

WEBでの本の購入はこちらより
Amazon

著者プロフィール

1945年大分県生まれ。
所属詩誌 「侃侃」
既刊詩集 『金ピカの鍋で雲を煮る』(花神社・1985年)
『水の家』(書肆侃侃房・1992年)

購入情報

注文可能ネット書店紀伊國屋書店 / 楽天ブックス / JBOOK / 本やタウン / ジュンク堂書店 / 丸善 / ブックサービス / bk1 / 本屋さん / イーエスブックス / amazon

購入可能書店/ 書肆アクセス / ジュンク堂書店池袋本店 / 紀伊国屋書店新宿本店 / 紀伊国屋書店 福岡本店 / ジュンク堂書店 福岡店 / 福岡金文堂 本店 / 丸善福岡ビル店 他全国書店でもご注文いただけます。


塩味にはいつも狂気の味がする
博多の街の空気にも
わたしのなかにも
ほんのりとした
潮の香りが含まれている
そしてなぜか
博多湾に霧が出ると
わたしには
人より多めの塩分が含まれてしまうと
男は言う
ピリッとした塩味が効いている
と言えば聞こえはいいが
実は
凶器を隠しもっているのではないか
と疑っているらしい

「博多湾に霧が出る日は」より