鉄道記念日に

機関車に片思い

鉄道とともに生きる男の半生

「機関車に片思い」
宇都宮照信


A5判、並製、252ぺージ+巻頭カラー36ページ 
定価:本体2,857円+税
ISBN978-4-902108-65-1 C0095

著者の宇都宮さんは、子どものころから機関車が好きで好きでたまらない。全国を回って写真を撮るだけでは飽き足らず、鉄道学校に挑戦するが果たせず、汽車にさえ乗れればと列車食堂のコックになる。そこで見つけた可愛い娘と、鉄道記念日に機関車の前で結婚式を挙げ、その後は毎年10月14日にその機関車に家族そろって会いに行く。そしてついに憧れのJR九州の社員として、九州鉄道記念館で働くことに。ああ、こんな人生もあるのかと、読む人に一種のさわやかな感動を与えてくれるに違いない。お宝写真も含めて懐かしく珍しい鉄道に関する写真も満載。マニアだけでなく、団塊の世代の一人の男の生き様を知る上で、魅力あふれる一冊である。

2007年10月中旬全国書店にて発売。10/15より発送開始

WEBでの本の購入はこちらより
cocochimono
Amazon

著者プロフィール

宇都宮照信 (うつのみや・てるのぶ)
昭和24年12月24日福岡市生まれ。昭和30年代より鉄道趣味を始める。長く食堂車の乗務員として〔日本食堂〕、後にジェイアール東海パッセンジャーズ勤務。東京、大阪と九州を結ぶプルートレインや電車、気動車、新幹線の乗務を終え、現在九州鉄道記念館に勤務。車両の整備や企画展の仕事をしている。趣味を始めた頃より模型製作や写真を現在まで続けている。著書に『鉄現人』(笠倉出版)、『九州の鉄道―1963-2000』(葦書房)、『九州鉄道の記憶』(西日本新聞社)、またJR九州、交友社、鉄道ジャーナル社、レールマガジン社などに写真を提供している。
現在、JR九州鉄道ファン懇話会事務局長、九州鉄道記念館館長代理

帯文表

喜びも悲しみもみんな汽車が運んできてくれた

最後の蒸気機関車を撮りたいので
会社を辞めます!!

帯文裏

汽車と付き合って今年で50年近くになります。私にとって汽車は人生そのものです。生きた機関車に機関士として乗ることはできませんでしたが、食堂車の乗務員となり、汽車に乗ることができました。今は九州鉄道記念館で働く毎日です。結婚をして、子どもを育て、長い間生活を支えてくれた、列車たちに感謝を込めてみがきます。夕方営業が終わり、静けさの中に止まっている機関車が好きです。

イベント情報

「機関車に片思い」発刊記念
キハ58系筑豊縦断の旅
 ※イベント終了しました

●日時 平成19年11月11日(日)
●運行計画
 往路  博 多 9:47発-基山-原田経由-桂 川-直 方-折 尾-門司港13:40着
     (門司港駅到着後 鉄道記念館等見学)
 復路  門司港17:11発-鹿児島本線経由-博 多 19:31着
 (当日運行されるキハ58-716・キハ28-2444)
●募集人員  150名程度

イベントの詳細はこちら
九州鉄道記念館ホームページ

イベントの様子は、小坂章子さんのレポートを。
路地裏喫茶日記「11月11日 鉄っちゃんの祭り」

目次

はじめに
プロローグ おでんの残りを捨てたら踏切警手の顔にドバーッ

第1章 九州鉄道記念館の日々
ついに「あさかぜ」からも、新幹線からも、永久降板
のちの総理大臣が勤務していた赤レンガ館
鉄道記念館で作家、西村京太郎さんの取材を受ける

第2章 オリンパスペンで機関区巡り
小2のとき線路で大手を広げたら列車が急停車!
叱られた西新駅に毎日汽車を見に行くようになった私
列車から列車へタブレットを自転車で運んでいた西新駅
日奈久駅で降ろしてくれるはずだった前の席の客
一本のフィルムの途中を部分借りして機関車を撮影
子どもが鳥栖機関区でご飯を食べ、風呂に入り、機関車磨き
試験会場横の機関車にばかり気を取られて鉄道高校不合格
「授業中に汽車ばかり見るのなら机を窓際に移せ」
あれれ!? 普通列車に特急「みずほ」のヘッドマーク
山陰に着いたら雪、夜中の待合室で始発まで5時間待ち……
甲板掃除で船賃をタダにしてもらい北海道SL撮影旅行
東京駅で家出少年と間違えられた私

第3章 包丁とカメラを持って食堂車乗務
卒業試験は20点、機関車の設計図を描いて100点に
機械科卒、特技は溶接でコック志願……に、日食びっくり
夜は食卓の下にイスを並べて寝る食堂車生活
白いコックコートを着て蒸気機関車の運転台で投炭……
急停車――鍋も包丁も床に置いて、冷蔵庫の蓋を押さえる
炊き損ねたご飯を窓から捨てたら鍋も一緒に飛んでいった
一緒に乗務するクルーに高校生時代の番長が……

第4章 機関区の蒸気機関車の前で結婚式
可愛い新人が乗務――私はすぐ地上勤務に降ろす
「機関区で結婚式を」と手紙。返事は「絶対ダメ」
吉松機関区の蒸気機関車の前、一升瓶で三三九度の杯
息子も蒸気機関車の前で結婚式

第5章 撮った写真が鉄道雑誌や単行本に
「最後の蒸気機関車を撮りたいので会社を辞めます」
雑誌「鉄道ファン」に初めて写真が載る
雑誌「鉄道ジャーナル」に載る
雑誌「旅と鉄道」が私に24時間密着取材
宮脇俊三氏の取材に同行、のち宮脇俊三追悼本に写真提供
電気機関車の汽笛が鳴る私のワゴン車

第6章 鉄道が好きな仲間たち
本ものの蒸気機関車を買って庭に置いた中学の先生
バイクに二人乗りして120キロ走ったうどん屋アルバイト生
一緒にラジオ出演した中学生が竹下気動車区の運転士に
国鉄の作業服を着た読売新聞カメラマン
ヘルメットにゲートル姿の鉄道友の会九州支部事務局長
事故で列車が大幅遅れ、車掌さんと一緒に写真撮り

あとがき