本の中の喫茶店で香り高い珈琲をどうぞ!

ひとつの町のかたち

「ひとつの町のかたち」
遠藤めぐみ

B6判、並製、144ページ
定価:本体1,200円+税
ISBN4-902108-27-5 C0093
2006年5月下旬全国書店にて発売

つい最近まで、ちょっとした町には必ず人々が足を止め、疲れをいやせる喫茶店の一つや二つはあった。古きよき時代の象徴的存在であったはずの喫茶店は、いったいどこに消えたのだろうか。
ある時代の文京区春日を舞台に「珈琲タカハシ」のマスター高橋さんとフリーターの「おれ」、通ってくる客との人間模様を綴った物語は、失われた80年代そのままだ。

カバー写真:三好弘一

WEBでの本の購入はこちらより
cocochimono
Amazon

著者プロフィール

遠藤めぐみ(えんどう・めぐみ)
1962年、茨城県に生まれる。1980年、お茶の水女子大学児童学科入学のため文京区に移り住み、以来ずっと文京区住人。詩誌「AUBE」同人。タウン誌「空 kuu 本郷/小石川/白山 街の本」同人

帯文

あたらしい地下鉄、
あたらしい駅、
あたらしい住民。

時代が
なだれのように
押しよせて、
古いものを
壊していった。

今日も
コーヒーと
カレーを
食べにいく。

掲載情報など

・「ひとつの町のかたち」で遠藤めぐみさんが2006年茨城文学賞受賞。
栄養と料理 書評が掲載されました。

本の紹介コメントなど

パオと高床 遠藤めぐみ『ひとつの町のかたち』(書肆侃侃房)
本が好き!ikutti の書評「ひとつの町のかたち」
A/Z books&cafe Blog
文庫日記

関連書籍

「新版 休みの日には、コーヒーを淹れよう。」
「屋上喫茶階」
「福岡喫茶散歩」
「コーヒーカップ4杯分の小さな物語」
「珈琲日和」