| Next»
Posted by: 園田
09/05

 平成28年度特別講演会
 【日本と韓国の女性作家はいま】
 三人が語る、書くことのたのしみと作家としての生き方

 福岡女子大学では、平成24年度から、本学同窓会筑紫海会と連携し、多くの女性のロールモデルとなるような、国内外で活躍する女性リーダーを講師に迎えた特別講演会を開催しています。
 今年度は、日本で歌人、小説家、脚本家として活躍中の東直子さん、韓国で小説家として活躍中の金仁淑(キム・インスク)さん、千雲寧(チョン・ウニョン)さんをお招きして、トークイベントを開催します。作家になったきっかけや、家族のこと、日本と韓国の女性作家の活躍ぶりなどについて語っていただきます。
 お誘い合わせの上、ぜひご参加ください。(要事前申込)
      
★開催概要
日 時  平成28年9月22日(木)13:30~16:00(開場13:00~) 
会 場  アクロス福岡 7階 大会議室
     (福岡市中央区天神1-1-1)
講 師  東 直子氏(歌人、作家)
     金仁淑(キム・インスク)氏(作家)
     千雲寧(チョン・ウニョン)氏(作家)
定 員  200名(先着順)
参加費  無料 
共 催  公立大学法人福岡女子大学
     福岡女子大学同窓会筑紫海会
     韓国文学翻訳院

お申し込みはこちらから

Posted by: 園田
03/01

ほんのひとさじ書肆侃侃房のPR誌、「KanKanPress ほんのひとさじ」ができました。
本を好きなみなさまに、ほんの少しずつ楽しんでいただけるような読み物を掲載した小冊子です。

創刊号となる今回は「旅じたく」というテーマで、書肆侃侃房の著者の皆さんに寄稿いただきました。集まったのはエッセイ、詩、短歌、マンガ、ショートショートなど……バラエティーに富んだ内容となっています。どうぞ、ほんのひとさじずつ、ゆっくり味わってみてください。

「KanKanPress ほんのひとさじ vol.1」

書肆侃侃房の本を置いてくださっている書店さんに置かせていただく予定ですので、どうかお楽しみに。お近くの書店さんにない場合、82円切手をお送りいただければ、弊社より直接郵送も可能です。

また、電子書籍版もAmazon・Kindleストアにて発売中です。
100円でご購入いただけますので、ぜひお試しください。
→ Amazon

Posted by: 園田
01/05

あけましておめでとうございます!書肆侃侃房、本日より仕事はじめです。本年も、どうぞよろしくお願いいたします。
おかげさまで、昨年はこんなに多くの本を出版することができました。どうもありがとうございます。今年も皆さまにおもしろいと思っていただける本を多く作れるようがんばります!

2015年の本その1 2015年の本その2
Posted by: 園田
04/20

 2013年5月にスタートした「新鋭短歌シリーズ」第1期につづいて、まもなく、第2期がスタートします。

 第2期はホームページをはじめ、書店などを通じて、広く参加者を募集し、50名以上の応募をいただきました。
 この公募からのメンバーに、第1期と同様、監修者から推薦があったメンバーを加え、第2期のラインナップとしました。
 鮮烈に「今」を詠う新鋭の12人と出会い、新たな歌集発刊に向けて、準備が進められています。
 公募では、多くの未知の方達との出会いがありました。残念ながら今回のシリーズ参加がかなわなかった方達には、次の挑戦を期待したいと思います。
 また、このたび、監修者に、加藤治郎さん、東直子さんに加え、新たに大塚寅彦さんを迎えました。

 これからの新鋭短歌シリーズに、ご期待ください。


新鋭短歌シリーズ第2期 全12冊 ラインナップ

●2014年9月刊行予定
田丸まひる 、中畑智江 、藤本玲未

●2014年12月刊行予定
岡野大嗣 、浅羽佐和子 、伊舎堂 仁

●2015年3月刊行予定
竹内 亮 、法橋ひらく、大西久美子

●2015年6月刊行予定
中家菜津子 、土岐友浩 、堀田季何

Posted by: ぴのこ
11/01

『お江戸超低山さんぽ』の中村みつをさんの個展があります。みなさん、ぜひ足をお運びください。

中村みつを個展
「やさしい山」

会期:2013年11月5日(火)~11月17日(日)(月曜休廊)
12:00~19:00(最終日16:00まで)

ギャラリーまぁる
東京都渋谷区恵比寿4-8-3 神原ビル1F
電話:03-5475-5054
http://galeriemalle.jp/

やさしい山

Posted by: ぴのこ
06/03

『森カフェ物語』 第7章 ~caffé macchinetta~  ※終了しました

日程  2013年 6月23日(日) 
    『caffé macchinetta』1周年記念+『千葉の森カフェ』

テーマ 『50代からの第二の人生』
    『caffé macchinetta』林伸之×『千葉の森カフェ』鈴木美也子

『caffé macchinetta』の林伸之さんと50代からの第二の人生について話します。
『千葉の森カフェ』の物語に始まり、林さんが50代になって志したカフェへの想いについて迫ります。

入場料 3,000円 
    ※ caffé macchinettaのお飲み物とタルト

【予約先】
ご予約はメールのみで承ります。
chiba_no_cafe@yahoo.co.jp
定員になり次第締め切らせて頂きます。予約が確定した方へはメールにて返信致します。
メールを送って頂く際、件名に『6月23日・caffé macchinetta』とお書き下さい。
また以下のご記入をお願いします。
●お名前(同伴者がいる方はその方のお名前)
●ご住所
●電話番号
●メールアドレス
●交通手段(駐車スペースに限りがございますので、お車の方はその旨お書き添え下さい)
●どの媒体を見て申し込みされたのか

タイムテーブル
14:00〜 受付開始 caffé macchinettaのお飲み物とタルトをお楽しみ下さい
15:00〜 トークセッション『50代からの第二の人生』
     『caffé macchinetta』林伸之×『千葉の森カフェ』鈴木美也子
16:00〜 春日保人&春日万里子 Musicaffè バロック・コーヒーコンサート
※当日のタイムテーブルは変更になる場合がございます。
 終了予定時刻は17:00頃をみております。
 当日は、イベントご参加のお客さまのみ19:00迄カフェをオープンしておりますのでご利用下さい。
 尚、ランチ営業はお休みさせて頂いております。

春日保人:バリトン歌手
http://kasugayasuto.com/profile/

東京藝術大学声楽科卒業、同大学院古楽科修了。中世・ルネサンスからバロック、古典派から現代曲までと幅広いレパートリーを持ちバロックフルート、篠笛を演奏しながらも歌うバリトン歌手。アンサンブル『ソナール・カンタンド』を主宰しイタリアに招聘される。イタリア屈指のカフェ文化を持つトリノに留学し、コーヒーをこよなく愛する。イタリア製ナポリ式コーヒーメーカー ILSA カフェ・ナポレターナを愛用。

春日万里子:チェンバロ
東京藝術大学古楽科チェンバロ専攻卒業、同大学院修了。ポルトガルに伝わるチェンバロを弾く麗しきチェンバリスト。アンサンブル「ソナール・カンタンド」のメンバーとしてイタリアのブレーシャ国際古楽音楽祭に出演。

caffé macchinetta
長生郡長柄町山之郷226−10

地図
http://macchinetta.cc/

小湊鉄道バス
http://www.kominato-bus.com/index.asp

所要時間約20分 運賃450円 
『道脇寺』下車徒歩3分
往路
『茂原駅南口』発12:20 ロングウッドステーション行き『道脇寺』着12:40
復路
『道脇寺』発17:24 『茂原駅南口』着17:46
『道脇寺』発17:59 『茂原駅南口』着18:21

タクシー
茂原駅より約20分

Posted by: 園田
05/18

 2011年1月、故笹井宏之さん(26歳で死去)の歌集『ひとさらい』『てんとろり』を発行したとき、笹井さんが紡ぎ出す言葉の世界は、とても新鮮で、それまで短歌にそれほど興味も関心を持っていなかった人の心をもとらえました。それは、年齢も性差も超えて、短い言葉の持つ大きな力を感じさせるものでした。「ああ、みんな読みたいんだ」「言葉を発したいと思っているのだ」と感じたのです。
 その思いが、若い歌人の歌集を世に出したいという思いにつながり、加藤治郎さん、東直子さんの力をお借りして、新しいシリーズを生みだすこととなりました。

書肆侃侃房 田島安江



【新鋭短歌シリーズ監修者より】
 ここに、「新鋭短歌シリーズ」がスタートする運びとなりました。第一期は、全12冊です。11人の新鋭の第一歌集、そして、笹井宏之さんの第3歌集です。笹井宏之さんの歌集は、佐賀新聞掲載歌が収録される予定です。
 今、若い歌人たちは、どこにいるのでしょうか。どんな歌が詠まれているのでしょうか。今、実に多くの若者が現代短歌に集まっています。同人誌、学生短歌、さらにはTwitterまで短歌の場は、爆発的に広がっています。文学フリマのブースには、若者が溢れています。そればかりではありません。伝統的な短歌結社も動き始めています。現代短歌は実におもしろい。表現の現在がここにあります。「新鋭短歌シリーズ」は、今を詠う歌人のエッセンスを届けます。
 若い歌人たちは、もう走り出しています。ぜひ、一冊一冊、手に取ってください。新鋭短歌シリーズ第一期を継走する者たちがきっと現れるでしょう。

加藤治郎


 新人が第一歌集を出版するための手助けをしたいと加藤治郎さんから相談されたとき、なんてすてきなことだろうと思いました。第一歌集は、その人の個性を打ち出し、今後すべての活動の礎となる大切な一冊です。自ずと慎重になり、一歩を踏む出すのが難しいという人もいます。私たちはその第一歩のために、これまで先達から学んだこと、自分なりに考えてきたことなどを伝えつつ、一人一人の個性に合わせて後押しをしています。
 この人の作品を一冊の本としてまとめて読んでみたい。この時代を生きることに共鳴できるその歌を、必要としている人に届けたい。心からそう思えた新人に直接声をかけ、作品や構成を一緒に吟味し、歌集をまとめました。今回私たちの考えに賛同してくれた作者は、住んでいる場所や歌歴等も異なりますが、それぞれの「今」が短歌作品に凝縮していると思います。
 じっくりとお目通しいただけると幸いです。

東 直子

 


【新鋭短歌シリーズ 第一期全12冊 概要】

◯2013年5月末刊行
1 木下龍也  『つむじ風、ここにあります』
2 鯨井可菜子 『タンジブル』
3 堀合昇平  『提案前夜』 

◯続刊予定
7月刊行: 笹井宏之 歌集  天道なお 歌集  斉藤真伸 歌集

以降の刊行:陣崎草子 歌集  田中ましろ 歌集  岸原さや 歌集  
      五島 諭 歌集  望月裕二郎 歌集  嶋田さくらこ 歌集

「新鋭短歌シリーズ」ホームページ http://www.shintanka.com/

Posted by: ぴのこ
04/08

今週、4月11日(木)に、書肆侃侃房、移転します!レトロビルから、またまたレトロビルへの移転となります。移転にともない、明日以降の出荷業務が止まります。引っ越し後の12日(金)より通常業務となります。11日は、電話はつながりますが、FAXは日中は受け取れない可能性があります。移転先は、天神パークビルです。みなさん、よろしくお願いします。

【新事務所】
〒810-0041
福岡市中央区大名2-8-18 天神パークビル501
電話番号、FAX番号は変わりません。

Posted by: ぴのこ
04/05

『ふたりのニューヨーク』の画家・古川吉重氏の個展が東京の「K O K I A R T S」で開かれます。ぜひ来場ください。

Yoshishige Furukawa 古川吉重
Drawings from the 1980's

Yoshishige Furukawa, B-49
Yoshishige Furukawa, B-49

会期:2013年4月6日(土)− 5月25日(土)
開廊時間:水~土 12:00−19:00(日・月・火・祝・5/8-9 休廊)
オープニングレセプション:2013年4月6日(土) 18:00−20:00
会場:K O K I A R T S(東京都千代田区東神田1-15-2ローズビル1F)

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.kokiarts.com/

Posted by: 園田
04/04

4月26日・27日、ソラリアステージ6Fの西鉄ホールにて、笹井宏之さんの歌集『ひとさらい』『てんとろり』の短歌がモチーフの舞台「些細なうた」が公演されます。
この作品は、脚本を手がけた田坂哲郎さんが、もともとラジオドラマ「NHK・FMシアター『些細なうた』」用に書き下ろしたものを劇団公演として発表するもの。
はたして、笹井さんの短歌が舞台でどう表現されるのでしょうか? 
ぜひ皆さま、ご参加ください。

【第7回福岡演劇フェスティバル西鉄ホール参加作品 非・売れ線系ビーナス「些細なうた」】

●期間: 2013年4月26日(金)~4月27日(土)
●時間:4/26(金)19:30、4/27(土)13:00・17:00
●会場:西鉄ホール
●料金:前売-2,500円、当日-2,800円、学生-1,500円
●お問い合わせ:非・売れ線系ビーナス(TEL:080-3986-0864)

 予約・詳細については非・売れ線系ビーナスHPをご覧ください。

| Next»