戊辰戦争150年記念出版

白河踊り
「白河踊り」奥州白河からふるさとへ伝えた盆踊り
中原正男

B5、並製、160ページ
定価:本体1,500円+税
ISBN978-4-86385-289-1 C0039

戊辰戦争で生まれた相寄りの心 
奥州・長州を繋ぐ知られざる絆とは

150年前、戊辰戦争において主戦場となった奥州白河(現・福島県)。被害を被ったにも関わらず白河の領民は敵味方の区別なく死者を弔い、盆踊りでその霊を慰めた。そして長州から参戦した諸隊隊士たちも踊りの輪に入り、戦友の霊を祀ったという。その後ふるさとに帰ってからも隊士たちはこの「白河踊り」を踊り続け、今では山口県内各地をはじめ全国に継承されている。
白河踊り伝承の歴史から、各地に伝わる踊りや唄まで詳細に研究し続ける著者による、ライフワーク集大成の一冊。山口各地の盆唄の口説き(歌詞)一覧、著者採譜の譜面も収録。

2017年12月上旬全国書店にて発売。

WEBでの本の購入はこちらより
Amazon

目次

ごあいさつ  萩市市長 藤道健二
ごあいさつ  萩市前市長 野村興兒
発刊によせて 福島県白河市市長 鈴木和夫

はじめに

1 山口県内の『白河踊り』調査開始
2 山口県内各地域の調査結果
3 全国『白河踊り』伝承地マップ
4 岐阜県(大垣藩)の『白河踊り』
5 山口県内の『白河踊り』伝承地マップ
6 山口県内の地域に残る『白河踊り』の由来
7 白河市では『白河踊り』は途絶えたことがあるのか?
8 誤解を生んだ原因
9 白河市、A氏との出会い(白河市の資料届く)
10 白河城攻防戦
11 奥州白河の盆踊り
12 当時の主な街道
13 白河城攻防戦に参加した官軍
14 官軍兵士たちの踊った場所は?
15 白河に駐留した長州隊隊長、楢崎頼三
16 楢崎頼三と白虎隊士、飯沼貞吉
17 楢崎頼三、飯沼貞吉《恩愛の碑》建立
18 山口県内各地域に残されている資料や思い出
19 名前を変えて伝えられたと思える地域
20 山口県内の『やんせ踊り』『ヤットセ踊り』『ヤンソラ踊り』
 (『白河踊り』と歌詞、曲が酷似)
21 民謡、盆踊り禁止令
22 英雄帰還兵士たちの反乱“脱退騒動”
23 奥州白河に関わる言い伝えのある家
24 奥州白河から『白河踊り』を持ち帰った隊士たちに出会えた!
25 世界遺産「富岡製糸工場」で行われた山口県の盆踊り?
26 萩市で行われた『白河踊り』レセプション
27 福島県白河市と山口県の口説き(歌詞)の比較
28 奥州白河の盆踊り全国伝播概略図
29 萩市民号で40人が白河市盆踊り大会に参加
30 世界スカウトジャンボリーで『白河踊り』
31 ボーイスカウトと白虎隊
32 戊辰戦争《白河口の戦い》記念碑建立
33 『白河踊り』唄い始めと、合いの手の比較
34 各地域の盆踊りの伴奏について
35 白河市『盆唄』の歌詞
36 岐阜県『白川踊り』の歌詞
37 山口県内の『白河踊り』の口説き(歌詞)
38 参考盆唄(『白河踊り』と歌詞、曲が酷似)

○各地盆唄の譜面
○付録:『白河踊り』全国一覧表

あとがき
参考文献