第三歌集

曼荼羅華の雨

ユニヴェール5
「曼荼羅華の雨」
加藤孝男

A5判変形、並製、160ページ 
定価:本体2,000円+税
ISBN 978-4-86385-274-7 C0092

装幀・装画 宮島 亜紀

たましひは転調をなしすべりゆく銀河に満ちる時間のなかを

浮遊する言葉が一瞬きらめき
宇宙空間を彷徨いながら
ふわりと掌に降ってくる

WEBでの本の購入はこちらより
Amazon

著者プロフィール

加藤孝男(かとう・たかお)
1960年、愛知県岡崎市に生まれる。1984年、窪田章一郎主宰「まひる野」に入会。中京大学大学院文学研究科国文学専攻博士課程満期退学。博士(文学)。「言葉の権力への挑戦」で現代短歌評論賞(1988)。東海学園女子短大国文学科助教授、カイロ大学客員教授、ロンドン大学客員研究員(School of Oriental and African Studies)などを経て、現在、東海学園大学人文学部教授。
歌集に『十九世紀亭』(1999)、『セレクション歌人13 加藤孝男集』(2005)。著書に『美意識の変容』(1993)、『現代歌人の世界8 篠弘の歌』(1996)、『近代短歌史の研究』(2008)、『短歌と俳句はどう違うのか』(2011)、『詩人西脇順三郎 その生涯と作品』(共著、2017)、編著に『新編 二十歳の詩集』(2003)など。表文研(表現文化研究会)会員。現代歌人協会会員、日本近代文学会会員。俳句雑誌「伊吹嶺」名誉会員。
抜刀術、兵法を柳生新陰流二十一世柳生延春宗家に、合気道を神之田流宗家、神之田勝則師範に習う。論文に「古武術の身体 ― 柳の風景が象徴するもの」(2011)、「三島由紀夫の剣 ―〈文武両道〉から〈菊と刀〉へ」(2017)など多数ある。

ユニヴェール

新鋭短歌シリーズ、現代歌人シリーズが生まれ、
短歌世界は思いもかけない方向にひろがりをみせている。
そして今、新しいレーベルが生みだされる。

ユニヴェールとは、短歌の壮大な宇宙。
これからもきっと、新しい歌人との出会いが待っているにちがいない。
http://www.shintanka.com/univers

五首

熱帯魚みづいろの海をくぐりゆく冷えしシャンパンを口に運べば

銀河より晩夏の雨は地にそそぐ夏の愁ひを浄めるごとく

植物の胚珠のうちの空にして紺にひろがる宇宙を映す

人間といふ百年の水時計 淡青はそのはじまりのいろ

もうすでに廃墟とまがふ新棟の鉄骨の上に淡雪流る

関連書籍

ユニヴェール
白井健康歌集「オワーズから始まった。」
本多忠義歌集「転生の繭」
田丸まひる歌集「ピース降る」
西田政史歌集「スウィート・ホーム」