1945年8月9日、長崎市へ原子爆弾投下――

子らと妻を骨にして
KanKanComics
「子らと妻を骨にして」
 ――原爆でうばわれた幸せな家族の記憶
奈華よしこ
原著 松尾あつゆき 平田 周

A5判、並製、224ページ
定価:本体1,500円+税
ISBN978-4-86385-272-3 C0079

原爆によって妻と3人の子を奪われ、一人残された娘みち子とともにその後を生きた自由律俳句の俳人松尾あつゆき。戦後を生き抜き、家族はすでに五代目、孫の平田周(被爆二世)が戦争や原爆の悲惨さを語り継ぐための家族の物語を、長崎在住の奈華よしこが漫画でみごとに再現しています。本書をぜひ、後世に伝えるために、子どもから大人まで読んでいただきたいと思います。

[帯文より]
戦争、原爆、そんな言葉をあえて消しても、
言葉はずっと生きている。
――重松 清

2017年8月上旬全国書店にて発売。

WEBでの本の購入はこちらより
Amazon

電子書籍版の購入はこちらより
Amazon Kindle

著者プロフィール

奈華よしこ(なか・よしこ)
1985年マンガハウスにて「梅花書屋異聞」によってデビュー。同年秋田書店からも同時デビューし、以後双葉社や少年画報社などの雑誌にマンガを掲載。2014年長崎の偉人梅屋庄吉の挿絵を担当。2015年『楠本イネの生涯』。2016年『彦馬奔る』を発表。現在長崎市在住。

『原爆句抄』より 本書収載句

なにもかもなくした手に四まいの爆死証明

すべなし地に置けば子にむらがる蠅

かぜ、子らに火をつけてたばこ一本

炎天、妻に火をつけて水のむ

降伏のみことのり、妻をやく火いまぞ熾りつ

中面イメージ

中面01 中面02
中面03 中面04

関連書籍

『このかなしき空は底ぬけの青』平田 周
『原爆句抄』松尾あつゆき