第11歌集

白猫倶楽部

現代歌人シリーズ16
「白猫倶楽部」
紀野恵

四六判変形、並製、144ページ
定価:本体2,000円+税
ISBN978-4-86385-267-9 C0092

装幀 毛利一枝

円かなる白のかたまりひとつねむる地球の芯に吸ひ付けられて

時空をはるかに超えて
言葉は自在に行き来する
水がながれ光がはじける
時の小舟はゆったり微睡む

2017年7月上旬全国書店にて発売予定。

WEBでの本の購入はこちらより
Amazon

電子書籍版の購入はこちらより

Amazon Kindle

著者プロフィール

紀野恵(きの・めぐみ)
昭和四十年徳島生まれ。高校生の頃より短歌を作り始める。歌集『さやと戦げる玉の緒の』『架空荘園』、『La Vacanza』、『午後の音楽』、『歌物語 土左日記殺人事件』など。「七曜」「未来」所属。

現代歌人シリーズ

現代短歌とは何か。前衛短歌を継走するニューウェーブからポスト・ニューウェーブ、さらに、まだ名づけられていない世代まで、現代短歌は確かに生き続けている。彼らはいま、何を考え、どこに向かおうとしているのか……。このシリーズは、縁あって出会った現代歌人による「詩歌の未来」のための饗宴である。

現代歌人シリーズホームページ:http://www.shintanka.com/gendai

関連書籍

<現代歌人シリーズ>
「現代歌人シリーズ1 海、悲歌、夏の雫など」
「現代歌人シリーズ2 耳ふたひら」
「現代歌人シリーズ3 念力ろまん」
「現代歌人シリーズ4 モーヴ色のあめふる」
「現代歌人シリーズ5 ビットとデシベル」
「現代歌人シリーズ6 暮れてゆくバッハ」
「現代歌人シリーズ7 光のひび」
「現代歌人シリーズ8 昼の夢の終わり」
「現代歌人シリーズ9 忘却のための試論 Un essai pour l'oubli」
「現代歌人シリーズ10 かわいい海とかわいくない海 end.」
「現代歌人シリーズ11 雨る」
「現代歌人シリーズ12 きみを嫌いな奴はクズだよ」
「現代歌人シリーズ13 山椒魚が飛んだ日」
「現代歌人シリーズ14 世界の終わり/始まり」
「現代歌人シリーズ15 恋人不死身説」