第三歌集

ピース降る

ユニヴェール3
「ピース降る」
田丸まひる

四六、並製、128ページ 
定価:本体1,700円+税
ISBN 978-4-86385-263-1 C0092

装画 夜舟「脱衣」

この本は、あすを生きるために読むべき本です。

五七五七七の言葉の海にさらわれて、
肺活量が足りなくなって苦しくて、
だけど気づいたらわたしは岸辺、
やさしい波がちゃんと運んでくれました。

――ヒロネちゃん(シンガーソングライター)

2017年5月下旬全国書店にて発売。

WEBでの本の購入はこちらより
Amazon

電子書籍版の購入はこちらより
Amazon Kindle

著者プロフィール

田丸 まひる(たまる・まひる)
1983 年徳島県生まれ、精神科医。
2011 年「未来短歌会」入会、翌年に未来賞受賞。
2014 年より「七曜」同人。
しんくわとの短歌ユニット「ぺんぎんぱんつ」としても活動中。
歌集に『晴れのち神様』(歌葉)、『硝子のボレット』(書肆侃侃房)
Twitter @MahiruTamaru

ユニヴェール

新鋭短歌シリーズ、現代歌人シリーズが生まれ、
短歌世界は思いもかけない方向にひろがりをみせている。
そして今、新しいレーベルが生みだされる。

ユニヴェールとは、短歌の壮大な宇宙。
これからもきっと、新しい歌人との出会いが待っているにちがいない。
http://www.shintanka.com/univers

自選短歌五首

花束を引きずるほどの一日を果ててだれかの夢にとけたい

笑ってほしいだけだったんだ冬の雨スープはるさめ食べ比べして

グラファイトヒーターしまう春の闇わたしの果てにわたしはいない

半身をぬるく夕陽にひたす日のわたしも夏の鳥になれない

ほろほろと生き延びてきて風を抱くきみの感情のすべてが好きだ

関連書籍

ユニヴェール
「オワーズから始まった。」
「転生の繭」

「新鋭短歌シリーズ14 硝子のボレット」