かんかんぼう



書肆侃侃房は福岡を拠点に様々な出版を行う出版社です。

書肆侃侃房では、著者と編集者がお互いに意見を出し合いながら、たのしい本づくりをすすめています。「本は売れない」の時代に敢えて、「いい本は売りたいし、少しでも多くの人に読んでもらいたい」の思いで、一冊ずつ心をこめて作っていきたいと思います。(since 2002年4月)

書肆侃侃房(しょしかんかんぼう)
〒810-0041 福岡市中央区大名2-8-18
天神パークビル501 システムクリエート(有)内(地図はこちら
TEL 092-735-2802 FAX 092-735-2792
twitter @kankanbou @kankanbou_e
www.facebook.com/kankanbou
本に関するお問い合せはこちらへ
info@kankanbou.com
担当:池田雪
取次:地方・小出版流通センター
きんぶん図書

注文可能ネット書店/Amazon紀伊國屋書店BookWeb楽天ブックスhontoHonya Club.comブックサービスセブンネットショッピングe-honなど

主な購入可能書店/ジュンク堂書店福岡店、丸善博多店、紀伊國屋書店福岡本店、紀伊國屋書店ゆめタウン博多店、リブロ福岡天神店、ブックスキューブリック(本店・箱崎店)、TSUTAYA BOOK STORE TENJIN、TSUTAYA天神駅前福岡ビル店、ジュンク堂書店池袋本店、丸善丸の内本店、紀伊国屋書店新宿本店、三省堂書店池袋本店、Title 他全国書店でもご注文いただけます。

最近でけた本



Posted by: 園田
05/18

思い出の小箱

ポルトガル物語

KanKanTrip Life 1
「ポルトガル物語 漁師町の春夏秋冬」
青目 海

A5、並製、176ページオールカラー
定価:本体1,600円+税
ISBN978-4-86385-264-8 C0026

イベリア半島の端っこの小さな漁師町は最高に素敵な舞台だった。

極楽市場に集うのは、人と花と笑う犬。ポルトガルの小さな漁師町で季節ごとに降ってきた愛しく切なく、かけがえのない日々。
『リスボン 坂と花の路地を抜けて』の著者・青目海が南ポルトガルで暮らした20年を鮮やかに描いた紀行エッセイです。

2017年6月中旬全国書店にて発売。

KanKanTrip Lifeは、世界中のさまざまな暮らしが伝わってくる書肆侃侃房の新シリーズです。

WEBでの本の購入はこちらより
Amazon

電子書籍版の購入はこちらより
Amazon Kindle

» 続きを読む

Posted by: 園田
05/18

魔法のそうす

博多ニワカそうすの塗るだけレシピ
「博多ニワカそうすの塗るだけレシピ」
タケシゲ醤油

A5、並製、128ページオールカラー
定価:本体1,300円+税
ISBN978-4-86385-258-7 C0077

これ一本でつくりました!

和食、洋食、中華にアジアごはん、
パンにデザートだって「塗る」だけ。
魔法のそうすでつくるレシピ101。

2017年6月中旬全国書店にて発売。

WEBでの本の購入はこちらより
Amazon

電子書籍版の購入はこちらより
Amazon Kindle

» 続きを読む

Posted by: 園田
04/20

このたびは「書肆侃侃房15周年・プレゼント企画」へ多数のご応募をいただきありがとうございました!
当選されたみなさまは以下のとおりです。

・あかさたなかはら 様
・ウドー 様
・えみみ 様
・えりうに 様
・かもめ通信 様
・タカラ~ム 様
・たけぞう 様
・miとメリ 様
・Wings to fly 様
・yukim 様

本は後日お届けいたしますので楽しみにお待ちください。

今後とも書肆侃侃房をよろしくお願いします!

Posted by: 園田
04/12

第三歌集

ピース降る

ユニヴェール3
「ピース降る」
田丸まひる

四六、並製、128ページ 
定価:本体1,700円+税
ISBN 978-4-86385-263-1 C0092

装画 夜舟「脱衣」

この本は、あすを生きるために読むべき本です。

五七五七七の言葉の海にさらわれて、
肺活量が足りなくなって苦しくて、
だけど気づいたらわたしは岸辺、
やさしい波がちゃんと運んでくれました。

――ヒロネちゃん(シンガーソングライター)

2017年5月下旬全国書店にて発売。

WEBでの本の購入はこちらより
Amazon

電子書籍版の購入はこちらより
Amazon Kindle

» 続きを読む

Posted by: 園田
04/10

第二歌集

転生の繭

ユニヴェール2
「転生の繭」
本多忠義

A5変形、並製、184ページ 
定価:本体2,200円+税
ISBN 978-4-86385-261-7 C0092

装画 寺澤 智恵子
装幀 宮島 亜紀

空のパズルを解くように
やわらかく
ふくらみながら
はずむように
歌がうまれる。

2017年5月上旬全国書店にて発売。

WEBでの本の購入はこちらより
Amazon

電子書籍版の購入はこちらより
Amazon Kindle

» 続きを読む

Posted by: 園田
04/10

第三歌集

パパはこんなきもち。

「パパはこんなきもち。~こそだてたんか~」
ほんだただよし

四六、並製、112ページ 
定価:本体1,200円+税
ISBN 978-4-86385-262-4 C0092

装画 ありかわりか
装幀 宮島亜紀

パパのきもち
ママのきもち
たくさんの笑いと涙がつまった
パんか(パパのたんか)の
子そだてえほん

2017年5月上旬全国書店にて発売。

WEBでの本の購入はこちらより
Amazon

電子書籍版の購入はこちらより
Amazon Kindle

» 続きを読む

Posted by: 園田
04/10

第一歌集

オワーズから始まった。

ユニヴェール1
「オワーズから始まった。」
白井健康

A5変形、並製、160ページ 
定価:本体2,000円+税
ISBN 978-4-86385-260-0 C0092

表紙写真 白井 健康
装幀 宮島 亜紀

生を見つめる。死を見とどける。
派遣獣医師としての口蹄疫防疫作業のドキュメント

現代を歩く楽しさ。
言葉とイメージの世界を自在に散策する。
(加藤治郎)

2017年4月下旬全国書店にて発売。

WEBでの本の購入はこちらより
Amazon

電子書籍版の購入はこちらより
Amazon Kindle

» 続きを読む

Posted by: 園田
04/10

第1歌集

恋人不死身説
現代歌人シリーズ15
「恋人不死身説」
谷川電話

四六判変形、並製、144ページ
定価:本体1,900円+税
ISBN978-4-86385-259-4 C0092

装画 宮本 香那

二種類の唾液が溶けたエビアンのペットボトルが朝日を通す

見えないはずのものを見る。
世界を情報の塊として捉える。
そんな感覚の徹底度が、
この歌集を決定的に新しいものにしている。

 ――― 穂村 弘

2017年4月下旬全国書店にて発売予定。

WEBでの本の購入はこちらより
Amazon

電子書籍版の購入はこちらより
Amazon Kindle

» 続きを読む

Posted by: 園田
03/31

2017年4月、書肆侃侃房は出版を始めて15年を迎えることとなりました。
これもひとえにみなさんが書肆侃侃房の本を読んでいただいているおかげです。ありがとうございます!!

つきましては読者のみなさまへの感謝を込め、書肆侃侃房の本を5冊セットにして、合計10名様にプレゼントしたいと思います。
ご希望の方は以下の事項をメールにて info@kankanbou.com までお送りください。

【記入事項】※すべて必須
・お名前
・当選時に発表してもよいお名前(ハンドルネームなど)
・年齢
・郵便番号、ご住所
・電話番号
・希望する本のタイトル5冊
・書肆侃侃房の本の感想(どれか一冊)
※メールの件名に【15周年プレゼント応募】と必ずお入れください

【応募期間】

4/1~4/16(4/20頃に書肆侃侃房のホームページにて当選者発表、発送)

みなさまからのご応募を心よりお待ちしております!

Posted by: 園田
03/22

あたらしい文学ムック

たべるのがおそい vol.3

文学ムック
「たべるのがおそい」vol.3

A5、並製、176ページ
定価:本体1,300円+税
ISBN978-4-86385-257-0 C0495

編集 西崎憲
装幀・装画 片岡好

小説と翻訳と短歌を中心にした文学ムック

わたしたちは誰もが重力というものに支配されています。

「たべるのがおそい」は、その重力を少し弱めてみたいと思っています。

読んでいるあいだ、少し動きやすく、歩きやすい、

それがこの一風変わったタイトルの文学誌の目標です。

西崎憲(編集長)
 
 
2017年4月中旬全国書店にて発売。

WEBでの本の購入はこちらより
Amazon

電子書籍版の購入はこちらより
Amazon・Kindle

» 続きを読む