2004-01-08

蒔絵美術館 (湯布院)

category  time12:00

蒔絵美術館 蒔絵美術館 蒔絵美術館

蒔絵美術館 「蒔絵美術館」 は、「やわらぎの郷」 の敷地内にあって、同じく敷地内にある「こども童話館」との共通券が200円お得だったので、共通券にしました。珈琲付きで600円なんだんけど、さっきから入館料払いまくりで、京都の拝観料状態になってきたな。「蒔絵美術館」は、蒔絵作家「足立康庸」の新作展示美術館なんだって。一人の作家の物しかおいてないなんて、ぜいたくなつくりだよね。古い漆に絵を描いていってるんだって。だから、絵は現代なんですって。一つの作品ができあがるまでを写真のパネルで説明してあったけど、すごい手間暇かかるんね。見る角度によって、光の具合などが変わるので、いろんな角度から眺めてくださいとのこと。ほんとだ、やってみたらわかるね。正面から見たら全然目立たないところが、斜めから見ると光ったりしてね。たまに、蛙の絵も描いてあったな。鳥獣戯画だよ。作品を全部見終わると、カウンター席に座ってコーヒーをいただくのだ。カウンターの前は全面窓で、由布岳がよく見えるよ。かなり開放感あるね。2階には食事処「めいぶん」があって、そこからも由布岳がよく見えるんだって。隣には、「京小物 かわら井」という雑貨屋さんがあって、その前には足湯が。湯布院って足湯がはやってるみたいだね。入浴無料だったけど、タオル持ってきてないので、入らずに「こども童話館」へ。

蒔絵美術館 やわらぎの郷の足湯 やわらぎの郷の足湯

Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

Trackbacks

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.