2004-01-08

末田美術館 (湯布院)

category  time12:00

末田美術館外観 末田美術館 末田美術館

末田美術館 末田龍介、栞の個人美術館で、住居、アトリエ、展示場という3つの側面をもつ美術館なんだって。外観は黒で統一されていてかっこいいな。入館料は700円でした。受付の人は、きっと末田栞さんなんだろうな。作家さんが直で運営していて、チケットきってくれるって、ちょっと不思議な感じがするよね。この建物は、原広司設計ってことで、有名な建築家なのかな。建築は全然わからないんだ。中に入ると、外の黒とは対照的に真っ白な中に、作品がガンガンならんでいるのだ。すごいよ。ここも館内は撮影禁止。この雰囲気写真に撮りたかったな。天井が高くて、独特な雰囲気があるね。暖房が入ってないので、とっても寒いんだけど、作品も硬質な物が中心で、さらに寒くなっちゃった。でも、この雰囲気はけっこう好きだな。「六月の蛇」の世界を思い出しちゃったぐらいだ。作品が置いてある場所は、2階まで吹き抜けになっていて、左側が全面ガラス張りで、庭を眺めることもできるんだ。外にも作品が置いてあるので、後で行ってみよう。奥の階段から2階に上がることができて、2階から作品を見下ろしたり、庭を眺められるよ。上から見るとまた雰囲気が変わるね。再び下におりて、庭に出てみました。庭にも、ぼこぼこ作品がおいてあるね。外で写真を撮ってみました。すごいね、ここ。今度ちゃんと取材許可とって、中も撮影させてもらおうかな。この末田美術館のまわりって、道が狭くて、舗装もちゃんとされてないところもあったりするので、金鱗湖ぐらいから歩いてきた方がいいかも。離合できないからね。ちょっとぴのこの運転では大変でした。

Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

Trackbacks

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.