2003-10-27

今日のコメント

category  time11:00

コンドオ*ミユキ: コレ読んでませんが「命」の最初の方に昔の恋人(不倫のカレ)とのことが書いてあって柳美里もフツーの女なんだなー、と。作家としては一流(多分)でも恋愛において洞察力が優れているワケではないんですよね〜。だって相手のヒトの言動っていたって普通のずるい不倫男なんだもん。見抜けよ、って感じ。ま、そういうワケにもいかないのが恋愛なんだけど。そんなに好きな作家ではないのでちょっと穿った見方ですね。で、辻仁成の方も確かに男性に都合の良い視点を感じますね〜。な〜に言ってんの、ちっとも分かってないわね、って感じ。で、確かに他はあんまり印象に残らないの。「冷静と〜」も江國ヴァージョンの方が印象的かな。小説のかもし出す雰囲気が。 (2003-11-13 01:52)

ほー: そうです。朝日新聞の夕刊に連載していた小説なんぞも、文章の大部分が、日本語にカタカナで韓国語のルビがふってある作品で、ここまでするんだったら、ハングルで書けば!って、いったい誰に読ませるわけ。ってえ作品でした。話の進行そのものもわすれるんだけど、これでお仕事もらえるって、それってすごい才能だとおもいます。 (2003-11-13 03:14)

ぴのこ: 柳美里も辻仁成も、両方ともどうもだめなんですよ。いちお何作か読んでるんだけど。「命」も読んだし、あれはさすがに内容覚えてるけど。朝日新聞の夕刊の連載もちらっと見たけど、かなり読みにくそうでした。しばらく、この2人の作品は読まなくていいかなーって感じです。 (2003-11-13 17:55)

コンドオ*ミユキ: う〜ん。体質が合うかどうか、ってのもありますが、作品として成り立つかただのエゴの垂れ流しになるかってのは難しいところですね。強い自我を作品として昇華させてこそ作家として名のれるのでは?私にとってはどちらともエゴを押し付けられているような感があります。ちょい辛口ですが。 (2003-11-14 02:31)

Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

Trackbacks

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.
1:Hyperacidity | Phone Numbers
1:sangley.xyz /
1:shivereens.best /
1:playwrightry.best /
1:miscorrect.best /
1:unfrizzy.best /
1:fulmicotton.best /
1:monodic.best /
1:normalism.best /