2014-10-04

ここ最近読んだ本など

category  time22:51

読書メーターでまとめできなかった本たちをまとめて紹介。

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく
堀江 貴文
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 408

おもしろかったー。ホリエモンのいろんな面を知ることができたし、働くこと大事だなと共感も。出所後、印象変わったなと思ってたけど、本を読んでますます気になる存在に。

人質の朗読会 (中公文庫)
小川 洋子
中央公論新社 (2014-02-22)
売り上げランキング: 32,117

人質となった方全員が亡くなっており、その人質たちが語った朗読を読み進める形で話が進んでいきます。それぞれはちょっと不思議な話なんだけど、話の最後に、その人がどんな人だったのかが書かれている。ほんのわずかな文字だけなのに、ぐっとその人物が浮かび上がってきて、ちょっと鳥肌が立ったな。全員が亡くなっているという重みが、1話ずつ読み進めていくたびにじわじわと増していったのだった。小川洋子、好きだなーとあらためて思った一冊。

舟を編む
舟を編む
posted with amazlet at 14.10.04
三浦 しをん
光文社
売り上げランキング: 1,446

かなりおもしろかったし、泣ける!校正のくだりなど、とことんやる気持ち、わかるなー。本屋大賞も納得だよ。映画も松田龍平なので観なくちゃ。

捨てる女
捨てる女
posted with amazlet at 14.10.04
内澤 旬子
本の雑誌社
売り上げランキング: 41,877

『身体のいいなり』に続き、こちらもおもしろかった!気持ちいいくらいにいろいろと捨てていくんだけど、トイレットペーパーのくだりにはびっくり。そして、まさか夫まで捨てるとは…。でも、ほんといろんなものを捨てたくなるってわかるなー、いろんなしがらみとかね。あーでも、実際は紙もの、なかなか捨てられません…。

Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

Trackbacks

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.
1:ironhard.best /
1:undramatized.best /
1:salpiglossis.best /
1:eastlake.best /