2010-09-18

プチGTFプサン旅行(1日目)

category  time23:30

1年半ぶりのプサン旅行、ぐるプサの増刷の取材もかねて、ぴのこ、ダイケ、青衣、とっさん、みなさん、かいくんの6人で行ってきました。まさに、ぐるぐるプサンツアーですな。ぐるプサにのっているお気に入りのお店、ぴのこが担当じゃなかったお店、そして、新規店といろいろ食べ歩きますよー。

ぐるぐるプサン+済州島

行きは、9:00発のビートル。7:40集合にしたので、車で行って、近くの有料駐車場に止めることに。ビートルのホームページに載っている

有料駐車場のご案内

でチェックして、博多臨港警察署近くの1日500円打ち止めのところに止めたよ。これならタクシーで往復するより断然安いし、荷物もあるからねー。とっさんたちは、博多港国際ターミナル駐車場に止めてました。こっちはターミナルの目の前とあってほぼ満車。1日1000円です。

ビートル、意外とチェックインに時間がかかります。カウンターでのやりとりがけっこう時間かかるのだ。ネットで予約して、ここで支払いの人も多いみたいだね。燃油サーチャージはここで払いますよ。今回の旅は、ザカストラベルに手配をお願いしたのだ。ビートルの往復とホテルの宿代のみで頼めるので、いいよね。プサンは送迎もいらないので、これがいちばんいいのだ。それに、子供料金がビートルの往復のみで済んだってのがほんと助かったな。ホテルは添い寝でいけたからね。チェックイン後、1階のSBJ銀行(旧新韓銀行)で両替を。ここで両替しておくと、プサンに着いてすぐに動けるのでオススメですよ。忘れずにターミナル使用料のチケットを自販機で購入したら、2階へ。この2階の売店でもぐるプサ売ってるので、買いそびれた方は、出発前にどうぞ。朝ごはんがまだだったので、おにぎりなどを買って、出国手続きを済ませたら、いざビートルへ。ビートル、きれいだよね。並びの席がとれたので、一番窓側は、青衣ちゃんにもらいました。

朝ごはん食べたり、途中、ワゴンが回ってきたので、飲みものを飲んで、ちょっと寝てたら、プサンに到着!2時間55分なので、あっという間です。入国手続きを終えたら、1泊目のホテル、東横イン中央洞まではタクシーで。大人が5人子供1人なので、タクシー2台だねと、表に出たら、ぴのこたちが乗ろうとしたタクシーの運ちゃんと、もう1台のタクシーの運転手さんがけんかをし始めました。何言ってるかわかんないけど、タクシー1台で行けとか言ってるみたい。近いから?でも、この人数だと2台だろーと思ってたら、もう1台の方の運転手さんがみんなまとめて乗せてあげるってことで、前に1人、後ろの大人4人+子供1人というぎゅうぎゅうづめだけど、乗せてもらいました。この運転手さん、少し日本語もできて、ホテルまで少しお話しながら行きましたよ。タクシーは10分ほどで2,500Wでした。チェックイン前だったので、荷物だけ預けて、外に出たら、さっきのタクシーの運転手さんが待っててくれたので、また1台で南浦洞まで。このあと、南浦洞まで行きますって、さっき話してたからだね。運転手さん、彼女が諫早にいるんだって、どうりで、日本語がうまいはずだね。サムゲタンはぜひ食べてねって。もちろん、明日の朝、いただく予定ですよー。タクシーでホテルから南浦洞までは10分ほどで、2,400Wでした。ただいまの時刻12:45。

プサン1食目のお店は、「ケミチプ」です。ナッチポックンの有名店ですよ。お店、入るとなかなか広い。手前はテーブル席、奥は座敷で、ぴのこたちは座敷に。

ケミチプケミチプ店内

日本語のメニューを持ってきてくれたので、ナクセポックン3人前(@8,000W×3)、ヘムルタン(小)33,000W、海鮮パジョン(チヂミ)10,000Wにビール、サイダーなどを頼みました。ナクセポックンもヘムルタンもちょっと値上がりしてたね。ここのナクセポックンは、ナッチポックンにエビがプラスされたもの。もー、これ、ばりうまでした!辛いけど、甘辛いので、辛いのが苦手でもぜんぜん食べられると思うなー。締めは、ごはんを投入することに。ポックンパッ2人前(たぶん@2,000×2)で、これがまたうまい!一発目のごはんがこれで正解だったね。

ナクセポックン

お店の人に勧められたのが、ヘムルタン。他のお店でヘムルタン食べる予定にしてなかったので、ここでいただいちゃいましょう。大って言われたけど、もちろん小で。まずは、でてきたときの写真がこれ、エビやら貝やらもりもりです。

ヘムルタン

ぐつぐつと煮えてきたら、お店の人がカットしにきましたよ。青衣も不思議そうに見てます。なんで、エビ、切るのーって。

ヘムルタン

そしてできあがりがコレ!おいしそうだねー。こちらはしっかり辛い!豆もやしももりもり入ってますよ。で、小でほんとおなかいっぱいに。締めは入れずでした。

ヘムルタン

そして、もう一つ勧められて食べたのが、チヂミ。値段も10,000Wとそこそこするけど、ボリュームもあっておいしかった。これだけ人数がいると食べられるけど、少人数の場合は、おすすめされても、断っちゃってぜんぜんOKですよ。青衣は、チヂミをちょこっとと、おかずで出てきたポテトサラダ食べてましたよ。で、料金は71,000Wでした。5人で割ると1人14,200W。円換算で1人1,136円でした。安いー。滞在時間40分。

チヂミ

ケミチプから地下鉄南浦洞駅方面に向かうと、中央路に面してバーンとたっているのが、「ロッテ百貨店 光復店」。これ、かなりおおっきいです。反対側の地下鉄の入り口から写真撮ったけど、全部入らず。もっと遠くから撮らないとねー。目の前の道も片側3車線とかで信号もないので、地下へ。地下鉄の南浦洞駅から直結してる入り口から入りまーす。

ロッテ百貨店 光復店地下街からの入り口

2009年12月にオープンしたとあって、きれいだねー。手前の円形の部分には、エスカレータ前に、センターステージがあり、この日は、アトラクションが行われていて、人がいっぱい!センターステージのまわりはもちろん、吹き抜けになっているので、上から見ている人もいて、キャナルみたいになってたよ。

吹き抜けセンターステージ

ここをちらっと見てから、とりあえず上までのぼろうかってことで、エスカレーターでのぼってみました。途中、スワンチェア発見!紫と黄色だよ。この色を選ぶところが韓国。。実は各階にもデザイーナーズの椅子がちょこちょこ置いてあって、お金かかってるなーと。とりあえず、みんなで座ってみましたよ。

スワンチェア

デパートとあって、化粧品、ファッション、子供服、書店、レストラン、フードコート、フィットネスクラブなどなどいろいろあるんだけど、ここでのオススメは屋上の庭園&展望デッキでしょ。釜山タワー、西面までの町並み、ターミナル、チャガルチ市場、影島の風景など、ぐるっと見渡せるので、釜山タワーまで上らずとも、ステキな景色が眺められるのだ。しかも、こっちは無料ね。天気がすごいよかったので、暑かったけど、気持ちよかったー。こういう場所って大事だよね。滞在時間1時間ほど。

屋上庭園屋上庭園展望デッキ釜山タワー

光復路を歩くと、両側に洋服屋さんやアウトドアショップに、スポーツ用品店がずらり。突き当たりの交番とABCマートの間を道ナリに右方向に進んだ先の左側にあるカフェ、「THE CAFE;COFFEE」でお茶することに。ただいま14:45なり。外の席と、クーラーのきいた店内の席が。もちろん、店内だよね。行く前に最高気温25度ぐらいかなーと見てたんだけど、30度あるね、これは。ここのカフェ、座席がたっぷりとあるので、ゆっくりとくつろげるよ。

THE CAFE;COFFEETHE CAFE;COFFEE

アイスカフェラテのトールは、4,000W。おいしかったし、カップもかわいかったな。滞在時間40分。

アイスカフェラテみんなで休憩店内キャラクター

ここ、すぐお隣は同じ系列店で「THE PAN」というイタリアンレストラン。トイレはビルの1階の奥にあり、南浦洞のトイレスポットとして、何回か利用させてもらいました。後で気づいたけど、交番も入ってすぐにトイレがあるので、借りられるんじゃないかな。「THE CAFE;COFFEE」のビル、すぐ裏がファッションストリートで、しかも、かき氷屋台の通りに出るので、とっても便利な場所だったよ。そして、そのまま国際市場に突入して、奥まで行きますよー。

かき氷屋台かき氷屋台

カフェから歩いててくてく10分ほどで、のんのんさんオススメの「テボクミルミョン」に到着!釜山名物のミルミョン、大好きなんだな。冷麺がそば粉なら、ミルミョンは小麦でできていて、ぴのこは、冷麺よりミルミョンが好きだなー。店先にある機械、右側がミルミョンを作る機械で、左側でゆでてますよ。

テボクミルミョンテボクミルミョン

お店は、いわゆる韓国の食堂の雰囲気。もちろんテレビでは韓国ドラマを放映中。メニューはシンプルに2種類。上がミルミョン、下がビビンミョン。

店内メニュー

ミルミョン(小)4,000Wは、さっぱりとして、暑い季節にぴったり。冷麺より食べやすい気がするなー。酢やマスタードを足して、カスタマイズを。食べてるうちに、ヤンニョムがじわじわと溶け出してきて、少しずつ辛くなっていくよ。麺はハサミでちょきちょき切って食べるのだ。

ミルミョン

青衣用に、お店の人が小さなミルミョンを出してくれました。しかも卵付き。ありがとうございます!

青衣とミルミョン

ダイケくんが頼んだのは、ビビンミョン(小)4,500W。汁なしの辛いミルミョンです。こちらも一口もらったけど、おいしかった!付いてきたスープもおいしかったな。

ビビンミョン

国際市場をうろうろしながらファッションストリートまで戻ってきたところで、ちょっとトイレ休憩。「THE CAFE;COFFEE」のビルのトイレをお借りすることに。で、ぴのこたちがトイレに行ってる間に、みなさんが、チェックしてた靴屋さん「SPUR」を偶然発見!このビルから出てくると、すぐ正面がかき氷屋台で、すぐ左手の並びにあるのだ。外観と店内はこんな感じ。29,000W、39,000Wと値段もかなり手ごろ。これは、真剣に選ぶよー。

SPURSPUR店内

で、お買い上げはこの茶色のきらきらのフラットシューズ、39,000W!

フラットシューズ

ファッションストリートをPIFF広場まで歩いたらここでまたトイレ休憩。映画館の1階奥に女子トイレがあったので、そこへ。手前に女子トイレのみがあって、男子トイレは、ずっと奥にあるみたい。ここ、トイレットペーパーがなかったので、ポケットティッシュはぜったい持っとかないとねー。子連れだと、トイレって気になるよね。子供に、おしっこ!って言われたら、すぐに連れて行かないといけないからね。トイレといえば、プサンはトイレットペーパー流せないから、子供に理解してもらうのは大変だよね。トイレットペーパー流せないからねー、横のゴミ箱に入れてねーって毎回言ってたもん。

光復路まで戻ってここからコスメチェック。この通り、ずらーっとコスメショップが並んでるから、短時間でチェックするのに、とっても便利。ハンスキン、イニスフリー、フェイスショップ、ミシャ、エチュードハウス、スキンフードなどなど。ここでお買い物したのは、エチュードハウス。モイストフルクリームに、モイストフルマッサージとモイストフルエッセンスのミニサイズがついて、15,000W。安いなー。これにさらにシートマスクと化粧水などのサンプルもついてたよ。

エチュードハウスモイストフルクリーム

エチュードハウス、キティちゃんとのコラボ商品がたくさんあって、青衣が気に入ったので買ったのが、このハンドクリーム4,000W。これはかわいいね。

ハンドクリーム

さて、18時すぎ。焼肉のために、おなかすかせますかねってことで、釜山タワーにのぼることに。ここ、ザ・観光スポットだけど、意外と好きなんだよね。龍頭山公園をぶらぶらするのもいいしね。釜山観光大使のチェジウ発見!ベンチに座ってるんだけど、似てなーい。釜山タワー、1人4,000W。青衣は3歳なので料金はなしでした。で、上までのぼって、見渡すと、やっぱり気持ちいい。今日行ったロッテデパートもよく見える。途中で日も落ちて、すこーし夜景も見られたよ。きれいだったー。

チェジウと青衣釜山タワーから見たロッテデパート

ここで1時間弱ぐらいすごして、光復路ではなく、大庁路のほうにおりて、「中央麺家」のところから焼肉ゾーンにむかうよ。途中で気になるショップがあったので、寄り道を。「French & New York Sole」というフラットシューズ専門店だ。焼肉屋さんの「草園」のお向かいあたり。こっちもかわいい靴があったけど、サイズがなくて買えず。残念!

French & New York Sole

そこからすぐに、目的地に到着!焼肉通りにある「釜山スップルカルビ」だ!2階の席に通されたよー。1階が炭火焼きなんだけど、いつもいっぱいで2階になっちゃうんだよねー。まあお肉は一緒なので、いいでしょ。19:20なり。

釜山スップルカルビ釜山スップルカルビ店内

ヤンニョカルビ、サムギョプサルなど、肉肉ゾーンに突入だ!

カルビサムギョプサル包んで食べるよネギがたっぷり

ここ、ごはんを頼むとテンジャンチゲがついてくるんだけど、これがばりうまね。すっかりダイケくんがはまって、食事にいくたびに、テンジャンチゲを食べたがるぐらいに。締めで冷麺といきたいところだけど、ここはがまん。このあと、もう一軒待ってるからねー。で、料金はビールなどものんで、155,000Wでした。5人で割ると1人31,000W。円換算で1人2,480円でしたよ。焼肉で3,000円以内でおさまるのだ。1時間ちょっとでちゃきっと食べたよ。

よし、最後の一軒。ファッションストリートに戻って向かうは、「ドンミョンソンカルグクス」。ファッションストリート沿いの2階だよ。20:40だ。

ドンミョンソンカルグクスドンミョンソンカルグクス店内

もー、ほんとはおなかもいっぱいなので、頼んだのは、カルグクス3,500Wを2人前とマンドゥーグッ4,000W。まずはマンドゥーグッが登場。マンドゥー、つまり水餃子ね。これがスープの中に入ってるんだけど、塩味のあっさりスープとあって、うまいね。そして、カルグクス登場!カルグクス、好きなんだよねー。ズッキーニ、のり、卵など入ってるし、麺はもちもち。スープはマンドゥーグッと同じだよ。これ、辛くないし、麺だし、子連れにもオススメだよ。で、カルグクス、途中で混ぜてねーって言われたよ。韓国ってなんでも混ぜるけど、これも混ぜるとは。。

マンドゥーグッカルグクス

お店は、ザ・韓国の食堂って感じで、あまり愛想とかないんだけど、あとで、青衣がアイスクリームもらってたよ。ありがとうございます!

アイスクリームをもらった青衣

あー、もうおなかいっぱい。初日で飛ばしすぎたかな。さすがにもう、お茶はいいや。まだ9時半ぐらいだけど、ホテルに帰ろう。夜のファッションストリートもまたにぎやかだな。

夜のファッションストリートJeep

本日の宿、東横イン中央洞までタクシーで戻ってきました。ホテルの中は、まあこんな感じ。東横イン、日本も韓国も一緒だね。等級は低いけど、キレイなので、快適。お部屋の窓からコモドホテルが見えたよ。と、これ、いつものぴのこペースだったけど、みんな大丈夫だったかなー。

東横イン中央洞コモドホテル

Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

Trackbacks

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.
11: Yahoo! [ ]
3: Google [ ]