2008-08-27

長崎本の営業で長崎へ

category  time21:00

今日は長崎へ1日出張!ほんとひさーしぶりの出張。事前にダイケくんと調整をして、なんとかってかんじだったねー。朝は7時から保育園に預けられるので、7時半までにあずけて、バスセンターで赤嶺さんと合流して、8時5分の高速バスで長崎へ。帰りは当然6時までのお迎えには間に合わないので、お迎えはダイケくんにお願いを。ひさーしぶりの出張はバスを降りると、めっちゃ雨。大波止から夢彩都までしっかりと雨に降られる。潮風もあるしねー。やっぱり雨女だよね。今回の長崎出張は、9月にできあがる『長崎迷宮旅暦』の書店営業をすること。「紀伊國屋書店長崎店」で著者の下妻さんと合流して、書店営業スタートです。ここは事前にアポ取りしていたので、店長さんとちゃんとお話ができました。初回50冊注文いただきました!これで、しっかりと並べてもらえるね。ここからの移動は下妻さんに車で連れて行ってもらいました。本にも登場する「魚和 新大工店」の前を通りつつ、好文堂新大工店へ。店長&担当さんとお話もできて、注文ももらえました。トントンといい調子にすすんで、ここで12時丁度にお昼ごはんだ。お昼はやっぱり「中国家庭料理 紅灯記」でしょ。日替わりの定食と迷ったんだけど、ここで食べておかないと、今日食べ損ねるなーと思って、ちゃんぽん(700円)に。ちゃんぽん、あっさりしてておいしーね。こぶりに見えたちゃんぽんなんだけど、実は、ボリュームありました。食べても食べても減らず。。。でも、なんとか完食。長崎に来たら、やっぱりちゃんぽんだよね。

ちゃんぽん

紅灯記を出て、道を渡ったら、そこは「Cafe平井」が。この長崎の本にはカフェが3軒載っていて、うまくいけば全軒制覇するよー。平井では、オリジナルブレンド(400
円)をいただきました。たしかに、日々、通いたくなる喫茶店だなーと。コーヒーもおいしかったし、日常使いできる感じがいいね。お昼には雨もあがって、これからちょこちょこ歩くので、たすかったー。

オリジナルブレンド

浜町の方へ移動して、まずは「遊ing浜町店」へ。でも、タイミング合わずで、社員さんと会えなかったので、チラシをおいてきました。文芸書のノンフィクションコーナーのところで、『ゆりちかへ』発見!面置きされてましたー。次に、好文堂本店へ。しかし、ここでも店長さん&郷土本の担当さんと会えず。午前中さくさくっといけたので、今日はそのままつるっとうまくいくかなーと思ったら、午後は二連続で担当さんに会えず。残念だなー。チラシを渡してもらって、少し、本の説明を。そして、ここ、入口はいって正面のところに、注目本のコーナーがあるんだけど、『ゆりちかへ』が鎮座してました。これは目立つねー。しかも、お隣は『流星の絆』だ。なんだかうれしー。

好文堂本店

書店めぐりもあとは長崎駅のメトロを残すのみなので、ここで、お散歩モードにチェンジだ。下妻さんに案内してもらって、長崎をお散歩します。まずは、散歩のお供に、コーヒーをゲットすべく、「珈琲人町」へ。はちみつオ・レ(300円)を入れてもらう間に、店主とちょこっとお話を。のだで修行をされてたとのこと。福岡から来てますってことで、以前、修行をされていたというのだの話や、「長崎迷宮旅暦」の掲載のことなど。今日、下妻さんから最終校正をもらって、それで入稿するんだな。もう一息だー。

珈琲人町はちみつオレ珈琲人町

テイクアウトしたはちみつオレ、おいしー。飲みながら、てくてくと歩いた先には、崇福寺が。いま、ちょうど、中国盆があってるんだよね。なんてグッドタイミングなんだ。本の中にはものってる、あの世商店街が直接みられるよ。まずは入口から、赤い提灯がたくさんかかってます。

崇福寺崇福寺崇福寺崇福寺

この小さなお家のようなものの中には、ミニチュアの世界が。赤ちゃんの部屋にはキューピーちゃんがいたりと、くすっと笑ってしまうようなかわいらしい部屋が。

お部屋お部屋

そして、この派手なとんがっているものは、あの世で使うお金とのこと。これ、寺にいたるところにあって、最後の日にいっせいに燃やしてしまうんだって。

金と銀のお金

寺のあちこちに提灯が下がり、お金がならんでいます。

お盆の準備がしてあるそばで、子供たちがたくさん集まって、このあと、お盆にある踊りの練習をしていました。この中国盆にあわせて、全国各地から、みんな帰ってきてるんだって。

あの世商店街がずらりと。一つひとつじっくり見ていくと、不思議な気分になってきます。

あの世商店街お店のひとつ

崇福寺、楽しかったー。何回も来たことあったんだけど、中国盆はさらに楽しい!やっぱりこれを見に来なくちゃねって。ゆっくりとみてまわってけど、まだまだ時間に余裕があるね。14時半だよ。そろそろおやつの時間だよね。ならば、平井、人町と続いて、「カフェ・豆ちゃん」で3軒とも制覇だー。うれしいなー。ここまで、コーヒー続きなので、ちょっと趣向を変えて、「キウイスムージィ(650円)」に。さっぱりしてておいしかったー。デザート替わりにもなったしね。

キウイスムージィ豆ちゃん

人町を出るとすぐご近所の「南蛮茶屋」の屋根の上に、猫が。珈琲の看板と猫って、いい味出してます!猫も撮ってとばかりにこちらを見つめてるし。

南蛮茶屋と猫

駐車場に戻る前に、ここまで来たので、眼鏡橋を見ていくことに。そばまで行くと、川のところで遊んでいる子供たちが。こんな景色が長崎には似合うなー。

眼鏡橋遊ぶ子供たち

さて、ここまで長崎散歩を楽しんだら、最後に駅でもう一仕事。メトロ書店本店へ。しかーし、担当さんと会えず。残念。ここも、ゆりちか、2箇所も積んでありました。長崎市内はどこもしっかり『ゆりちかへ』並んでるね。そして、ここで、今日の書店営業は終了です。きっかり16時だよ。もともと10~16時の間、お付き合いくださいねーと下妻さんにお願いしたんだけど、ジャストだったよ。しかも、長崎散策もお茶も楽しんで、この時間ってすばらしい!下妻さん、おつかれさまでしたー。最後の修正箇所はしかと持ち帰って、入稿しますね。

このあと、赤嶺さんと2人、井上さんとの集合時間の17時半までどうやって時間つぶそうかとうろうろしてたら、のんのんさんから少しなら時間ありますよとの声がかかったので、職場近くで、さくっとお茶しました。今回スケジュール合わないねって言ってたんだけど、会えてよかったー。帰りは、もう一度、駅まで戻って、桃太呂のぶたまんを買って、帰りの車の中で食べました。このぶたまんもいつ食べてもおいしーな。長崎、18時ごろお別れして、20時半にはお家に帰り着きました。ダイケくんは、ちゃんと青衣ちゃんのお迎えに行ってくれて、お家に帰ってからも、絵本を何回も読んであげてたんだって。ということで、久しぶりの出張は無事終わりましたー。早く、長崎の本できないかな。楽しみー。

長崎迷宮旅暦

Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

Trackbacks

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.
1: Yahoo! [ ]