2007-03-19

東京出張で神楽坂へ

category  time10:00

久しぶりの東京出張です。でも、今年はこの1回で出張は終わりだろうな。安定期にも入ってるし、体調とか全然いいので、大丈夫だろうということで、出張決行だ。ただ、今回は無理せずにかなりゆったりめのスケジュールで書店営業もなしです。朝10時過ぎの飛行機で羽田へ。JAL久しぶりに乗ったけど、座席がけっこうゆったりで快適だったな。そして、18日からSuicaでJR以外に私鉄もバスもすいすい通れるってことで、かなり改札が楽だな。京急ももちろん使えるのだ。今回のホテルは「ニューオータニイン東京」です。品川駅のひとつお隣の大崎駅から直結とあってすごい便利。チェックイン前だったので、荷物だけ預けて、市ヶ谷へ向かいます。代々木駅から乗り換えで総武線で市ヶ谷へ。

パステラリア五條 (東京・市ヶ谷)
市ヶ谷駅をおりて、牛込中央通りをのぼってすぐのところにある「パステラリア五條」で、一足先に東京に来ていた社長と合流して、藤原さん、川口さん狩野さんと打ち合わせを兼ねたランチだ。ランチは、「せっちゃんのお昼ごはん(800円)」に。1プレートにスープ、デザート付きです。いつもは和食の1プレートらしいんだけど、今日は洋食の1プレートでした。ボリュームもちょうどよかったかな。デザートがおいしかったです。

せっちゃんのお昼ごはんデザートパステラリア五條

打ち合わせはというと、実は春の予定で進んでいた川口さんの本、もう少し出版時期が延びそうです。内容を見直して、もうちょっとつめていかないとね。なかなか東京には出てこられないので、プロデュースの藤原さんに後を託すことにしましょう。今日は、『休みの日には、コーヒーを淹れよう。』『コーヒータイムブック』の著者が勢揃いでした。『コーヒータイムブック』も書店でよく平積みされていて売れ行きも好調のようです。川口さんの『カフェの扉を開ける100の理由』も順調に増刷しているとのこと。『コーヒーカップ4杯分の小さな物語』もぜひぜひよろしくです。

休みの日には、コーヒーを淹れよう。 コーヒータイムブック カフェの扉を開ける100の理由 コーヒーカップ4杯分の小さな物語

神楽坂散策
毘沙門天

社長が別件の打ち合わせのため途中退席して、川口さんともここでお別れ。藤原さん、狩野さんとともに神楽坂でお茶することに。神楽坂といえば、もちろん話題はドラマ「拝啓、父上様」のこと。「カナル・カフェ」に行きたかったんだけど、月曜日ということで、お休み。残念。表のゲートだけ見ました。東京日仏学館にもちょろっと寄ってみて、その後、神楽坂をのぼり、毘沙門天でお参りを。横の石畳の路地を少しのぞいてみたりして、観光気分を味わってみました。街を流れる音楽も「パピエ」でしたね。しっかり。あちらこちらにポスターも貼られていました。

拝啓、父上様オフィシャルガイドブック―ドラマの舞台裏と神楽坂の魅力

散策をすませたところで、通り沿いの「カフェ・ルトゥール」でお茶しました。ここに来るのは二度目だ。昨年のライターズネットワークの総会の時もここでお茶したんだった。ケーキセット(950円)で、ミル・クレープとカフェオレを。コーヒーは濃いめなのでカフェオレがちょうどいいね。

ケーキセット

ここで夕方まで過ごして、その後、飯田橋レインボービルでの、2007年度のライターズネットワークの総会へ。今年も引き続き役員としてがんばることに。役員会とか出席できるかどうかは微妙だし、今年のシンポジウム&大賞授賞式には行けないけど、WEB担当なので、福岡よりがんばることにしよう。総会後、神楽坂の居酒屋にて飲み会でした。料理はまあまあだったかな。焼きおにぎりの味噌味がおいしかったです。

ニューオータニイン東京 (大崎)
12時前に「ニューオータニイン東京」に到着。やっとチェックインだ。お部屋はツインだったんだけど、グレードをあげて、上階のレディースルームを用意しましたとのこと。ラッキー。けっこうこういうことってあるよね。ホテルに関してはついてるのかな。10階のスーパーエグゼグティブフロアだよ。禁煙ルームじゃなかったのは惜しいところだけど、匂いも特に気にならなかったのでOKでしょ。部屋もツインルームだとゆったりで、シンプルでよかったです。

ツインルーム

翌日の朝食は、3階のレストラン「舟茶屋」でのビュッフェ。和食と洋食があったので、パンなどの洋食メニューと中華粥、サラダを食べて、後で、ヨーグルトとフルーツを食べました。コーンフレークがほしかったな。パンの味はいまいち。おかずの種類は少なめだったけど、おなかいっぱいにはなりました。朝食付いてるってのはいいよね。ホテルパックだとついてないこともよくあるからね。

朝食

ニューオータニイン東京

Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

Trackbacks

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.
1:crispine.best /
1:joachim.best /
1:donought.best /
1:hellenistic.best /