書籍

『鴉と戦争』朽木祐

ユニヴェール12
「鴉と戦争」
朽木祐

四六判変形、並製、144ページ 
定価:本体1,900円+税
ISBN 978-4-86385-385-0 C0092

装幀 毛利一枝


戦争がけふの未明に始まつた。ふはと鴉の羽根降りかかる

廊下の奥に鴉が一羽
雨が止むときを知らないのに
生きてゆくのですか


2019年12月中旬全国書店で発売。

 

【5首選】
明日の朝バスタブのお湯捨てるときこの性欲も流れろ畜生

まちがつて人に産まれた瞬間の、絶対これぢやないつて感じ

隠喩つて此処つてときに裂けるから手の中の蝶をもう、放せよ

ああ、あいつ桜だつたよ火の消えた煙草を風に崩されてゐる

雨が止み鴉の羽音 死のあとに羽根のひとひら降るのだらうか

 

ユニヴェール

新鋭短歌シリーズ、現代歌人シリーズが生まれ、
短歌世界は思いもかけない方向にひろがりをみせている。
そして今、新しいレーベルが生みだされる。

ユニヴェールとは、短歌の壮大な宇宙。
これからもきっと、新しい歌人との出会いが待っているにちがいない。
http://www.shintanka.com/univers