書籍

『新聞紙で快適な家が建つ』 竹之内貴浩

新聞紙で家づくり!

地球にも財布にもやさしい家づくり

『新聞紙で快適な家が建つ』
~住めば住むほど得をする 家づくりの秘訣はセルロースファイバーの高断熱にあった!!~
竹之内貴浩


A5判、並製、208ぺージオールカラー
定価:本体1,500円+税
ISBN978-4-902108-70-5 C0052

「快適に暮らせる家」とは、どんな家なのでしょう。家を建てるときに、間取りやインテリアデザインだけにこだわる時代は去りました。本書は、新聞紙を原材料とした「セルロースファイバー」の断熱材を効果的に使った「環境にやさしく」「財布にもやさしい」「エコ住宅」についての解説書です。「新聞紙の家」は、吸音、調湿の機能もある高断熱のセルロースファイバーにより、冷暖房設備に頼らない、自然にかなった暮らしが実現できるという優れものです。著者の竹之内さんは実際にこの「新聞紙の家」を建て「冷暖房器具に頼らない」合理的な暮らしを実践していますので、とても説得力があります。これから家を建てる人や建築関係の人にぜひ読んでいただきたい一冊です。

2008年1月中旬全国書店にて発売。