書籍

『なぜいま家族のストーリーが求められるのか』 橋本嘉代

『なぜいま家族のストーリーが求められるのか』
「公私混同」の時代
橋本嘉代

四六判、並製、240ページ
定価:本体1,600円+税
ISBN978-4-86385-394-2 C0036

 

「家族の絆」って言うな!
社会問題の原因も解決策も全て「家族」にお任せ?

結婚・出産の「ご報告」、パタハラ、洗濯男子、テレワーク、親バカ文化・・・・・・。公私領域の再編に注目し、家族ブームの背景を読み解く。


2020年4月上旬全国書店にて発売。


【著者略歴】
橋本嘉代 (はしもと・かよ)
筑紫女学園大学現代社会学部准教授。1969 年、長崎県佐世保市生まれ。
上智大学文学部新聞学科を卒業後、集英社に入社。女性誌編集に携わる。退職後、ウェブマガジンのプロデューサーやフリー編集者などを経て、2014 年から現職。立教大学大学院で修士号(社会学)、お茶の水女子大学大学院で博士号(社会科学)を取得。専門はメディアとジェンダー。
共著に『雑誌メディアの文化史―変貌する戦後パラダイム』(森話社、2012)など。


【目次】
まえがき

1 「私ごと」が国民的関心事に? 
「公私混同」の意味が変わった 
進次郎&クリステル婚が象徴する「私ごと」の劇場化 
ソーシャルメディアの普及と「ご報告」ブーム
家族を語る行為を支えるもの 
「家族が大切」という意識の高まり 
〈column 01〉メディアとジェンダーとウザい自分語り 

2 家族の語られ方が2010年代に変わった 
家事とCMと男と女
ぼく作る人&洗う人――料理男子、洗濯男子の登場
パパブログにみる「親バカ」文化の隆盛 
誰が「父」として語っているか 
「ママだけど……」という役割規範への抵抗 
〈column 02〉「うちのオカン」は定番の素材 

3 エンタメコンテンツとしての家族のストーリー 
家族を問い直すメディア作品への社会的な注目 
ハリウッド映画の新旧のヒーロー 
「父」を語る欧米文化の輸入 
「ご報告」に反映された、父としてのあり方 
〈column 03〉その人を、声に出してどう呼ぶか? 

4 家族をめぐる政治・経済的な思惑とメディアの関与 
家族に関する政策とメディアの連動 
国家的リスクと「家族の絆」言説の強化 
「イクメン」ブームを支えたもの 
レジャーの流行と家族の休日の関係 
〈column 04〉ロイヤルファミリーとメディア 

5〈公〉〈私〉の揺らぎと家族の変容
浸食し合う〈公〉〈私〉の境界線
家事や育児は押し付け合うものなのか
「家族の絆」言説の過熱化とその弊害
家族のストーリーが求められる理由

あとがき
初出一覧 

注釈