書籍

『鈍刀を磨いて』 小川直人

まだまだ書きたい

新聞記者暦39年の歩み

『鈍刀を磨いて ─まだまだ書きたい』
小川直人

四六判、並製、256ページ
定価:本体1,500円+税
ISBN978-4-902108-97-2 C0095

入社式3日前に配属先の読売新聞西部本社で見た「よど号」事件発生直後の編集室。怒号飛び交う光景に、これは面白そうだとブンヤの本能ともいうべきものが目覚める。
新聞記者歴39年の筆者が医療や犯罪被害、教育などの現場を取材する中で感じ取った社会の隅で生きる人々の心の叫びを伝えたコラムを精選。
昭和から平成まで時代と人の営みを伝え続ける底流には、世の不公正と理不尽を許さず人々の幸せを願う姿勢が貫かれている。筆者の鈍刀は筆者の思いを離れて、読者の心に、時に鋭く、時にやさしい光を投げる。

2009年4月初旬全国書店にて発売。