書籍

『久留米・大砲ラーメン ―親子二代熱風録―』 香月 均

一杯60円のラーメンが人々のお腹を満たした昭和から現代へ、
ラーメンにかけた親子二代にわたる熱風録。
濃いのは豚骨スープだけじゃない。人も街も濃くて、熱いのだ。

『久留米・大砲ラーメン ―親子二代熱風録―』
香月 均

四六、並製、口絵カラー8ページ+176ページ
定価:本体1,300円+税
ISBN978-4-86385-059-0 C0095

走り出したら前しか見えぬ生まれついての無鉄砲、その一杯に情熱(いのち)をかけて薄闇の世に明かりを灯す。
敗戦から復興への道を歩き始めた九州・久留米。一杯60円のとんこつラーメンが人々のお腹を満たし、明日へのエネルギーの源となった。腕っ節がめっぽう強い父と胆の座ったおふくろが引いた屋台からはじまる物語。受け継いだラーメンを進化させ、不況にあえぐ街に希望を与えた二代目の熱き思い。映画『ラーメン侍』の原作となった地域情報紙「くるめすたいる」の人気コラム「ラーメン今昔物語」の単行本化。

▼新横浜ラーメン博物館の人気店「大砲ラーメン」の物語。
▼著者は日本初のラーメンフェスティバルで14万人を集めた中心人物。
▼ラーメン談義に欠かせない抱腹絶倒のエピソード満載。

2011年10月22日全国書店にて発売。